人通りの多い場所にお店があったとしても、
興味を持たなければ、誰も来店してくれません。

加えて、どんな商品があるのかがわからなければ、
さらに集客は困難になります。

店頭はもっとも注目されやすい“広告メディア”です。
ここを活用しないのは、愚かなことです。

たとえば、「ラーメン ○○軒」という店名だけでは、
よほどのマニアでもなければ、入ることはありません。

そこで、
「開発期間5年の自家製麺」「10時間煮込みの鶏白湯」
などと書かれていたら、どうでしょう。

ラーメン好きなら、見逃すことはないでしょう。

何が“売り”なのかを
声高にアピールすることが大切なのです。

“こだわり”を文章にして、
読ませる看板にしても、効果があります。

看板が文字だらけになっていることで、
注目度が高くなるのです。

伝えたいことは、店頭で伝えてしまいましょう。

扱っている商品や価格を知らせるだけでも、
お客さまの“安心感”を生み、入りやすくなります。

お客さまは、“わからないこと”が不安なのです。

店名だけでは、「ただの知らないお店」として
通り過ぎてしまいますが、
お店のことを知ると、興味の対象となるのです。

チラシを打つより、よほど効果的なアピールとなります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
道の駅などでよく見かける「生産者の顔写真」。

作物を手にした写真には、
生産者の名前が書かれています。

お客さまは、出所のハッキリした商品に
“安心感”を抱くからです。

この手法を個人商店でも取り入れてみてはどうでしょう。

問屋から仕入れているだけのファッションでも、
表現方法によっては、“安心感”を与えることはできます。

メーカーを訪ね、取材するのです。

縫製している人と一緒に写真を撮り、
仕事への姿勢を聞き出します。

そのこだわり部分を文章にまとめ、
写真と一緒に店内に掲示するのです。

それを見たお客さまは、
信頼できる商品であることを確信し、
購買へと繋がるのです。

また、生産者と店主が一緒に写っていることで、
お店とメーカーの“密な関係”を感じ取り、
お店に対しても信頼感を増します。

これまでと同じ商品を売っていても、
“伝える”か“伝えない”かで、
まったく違う商品に見えてくるものです。

取材の手間は掛かるかもしれませんが、
たったこれだけのことで売れるようになるのです。

やらない理由がありますか?


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








憧れの大行列。

「忙しくて、てんてこ舞いだよ!」と、
嬉しい悲鳴を上げてみたいですよね。

そうなるためには、
お客さまが目的を持ってやって来るような
“売り”が必要です。

「○○と言えば、このお店」。

しかし、容易ではありません。

売りたいと思う商品があっても、
お客さまは簡単に飛びついてはくれません。

“売り”を作るためには、
全身全霊を込めた商品づくりが重要なのですが、
それだけではお客さまは振り向いてはくれません。

「○○と言えば、このお店」という
イメージづくりも重要なのです。

お客さまの口コミを待っていては、
先にお店が潰れてしまいます。

口コミが発生するように、
「○○と言えば、このお店」を
意図的に作り上げるのです。

まずは、「自店No.1商品」を生み出すことからです。

これは、お客さまが買ってくれる
「実質No.1」ではなく、
売りたい商品を「No.1商品」として位置づけるのです。

チラシ・広告・店頭POPなどで、
重点的・長期的にその商品をアピールし続けるのです。

とにかく続けることで、売り上げ構成比を押し上げます。

「売りたい商品=自店No.1商品」となる頃には、
「○○と言えば、このお店」を認知してくれ、
「あのお店の○○は素晴らしいわよ!」と、
口コミしてくれるようになっています。

やがて、「○○(店名)なら、○○(商品)」
「○○(商品)と言えば、○○(店名)」へと
変化していきます。

その結果が、「地域No.1」「日本一」へと繋がり、
大行列が生まれるようになるのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








人気や知名度によって、
人びとを惹きつけることだけに
高い能力を持っている存在を皮肉っていう語。

これを“客寄せパンダ”と言います。

良い意味では使われませんが、
商売上、「人を惹きつける高い能力」は不可欠です。

笑い者にならなければ、非常に重要な戦力となります。

つまり、人が興味を示すものを見せびらかして、
お店に人を集めようとする戦術が
必要だということです。

例えば、
あまり知られていない珍品や希少価値のあるもの。

店主が着ぐるみで接客するのも
“客寄せパンダ”になります。

犬・猫・オウムなどを店先に置くのも客寄せです。

とにかく目立つことが重要なのです。

スマートではないやり方ですが、
この泥臭さこそが商売の基本だと言えます。

お洒落に格好よく、などと考え、基本を忘れていては、
金儲けはできないのです。

まずは、あのお店に行ってみたい、見てみたいと
思わせることが大切です。

お客さまの好奇心を刺激してください。

驚き、笑い、感動……。何でも構いません。

お店に行くことが、ワクワク、ドキドキ、
ほのぼのする仕掛けを作ってください。

来てもらうことができれば、「知っているお店」となり、
次回からも足を運びやすくなります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








強いライバルに勝てない状況を打破するには、
「一点突破」の戦法が有効となります。

ライバルに勝てる可能性がある
分野・商品に限定して、注力するのです。

どれだけ大きなライバルであっても、
完璧ではありません。

どこかに必ず弱点があります。

じっくり観察して、それを見つけ出せば、
打倒ライバルの突破口となります。

そこに全神経を集中して、
まずは“小さな勝ち“を獲得するのです。

その「一点」で集客率を上げ、
お店の認知度を高めます。

これをキッカケに、「○○のお店」として定着すれば、
次なる“勝ち”を取りにいきます。

別の突破口を開拓するのです。

この戦法を繰り返すことで、
ライバルとの差は縮まっていきます。

“小さな勝ち”を積み重ねれば、
それはやがて“大きな勝ち”となります。

弱者は弱者なりの戦法を取らなければ、
強敵を倒すことはできません。

“小さな勝ち”でも、「勝ちグセ」をつけていけば、
どんなライバルが現れようとも、
冷静に対処できるようになります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選