大型店の出店により苦戦している、個人商店や商店街。

もはや打つ手無しと、半ば諦めムードが漂っています。

その中でも、
「大型店には無いサービスを提供しなければ……」と、
試行錯誤しながら、
頑張っている人たちはたくさんいます。

しかし、成功しているのはごく一部。

頑張っているのに、どうしてダメなのでしょうか。


それは、頑張る方向性が間違っているからです。

多くの店主が、
「もっとお客さまとの
 コミュニケーションを増やさなければ」
と考えていますが、これが間違いのもとなのです。

コミュニケーションは重要です。
大型店には無いものです。

しかし、お客さまが
本当に求めているものなのでしょうか。

確かに、繁盛しているお店には、
常連さんがたくさんいて、
店主や店員さんとおしゃべりしている光景を
よく眼にします。

コミュニケーションが図れているのがわかります。

ところが、それはあくまで“結果”なのです。

コミュニケーションの前に、
商品・サービスが充実しているからこそ、
お客さまが集まってきて、
おしゃべりする土壌ができたのです。

コミュケーションを図ったから、
集客できたのではありません。
ここが大切です。

勘違いしている店主は、
やたらとお客さまに話し掛けようとします。

親しくもない人に、ベラベラ話し掛けられても、
嬉しくありません。
鬱陶しいとさえ感じる人が多いはずです。


では、お客さまが求めている
「大型店に足りないもの」とは、何でしょうか。

大型店に通って、品揃えを見たり、
お客さまの声に聞き耳を立てたりして、
観察する方法もあります。

商品のことを店員さんに質問してみてもいいでしょう。
従業員教育の大切さがわかると思います。


もうひとつ、大型店に足りないものが
すぐにわかる場所があります。

「店長への手紙」。

お店に対する注文やクレームを紙に書いて、
投函するコーナーがありますよね。

投函された紙を貼り出し、
その返答を掲示しているお店もあります。

これを読めば、
大型店に対するお客さまの不満が見えてきます。

この中から、大型店では対応しづらい問題に着目し、
自店の“やるべきこと”を探ります。


読んでみればわかりますが、もっとも多い内容は、
問題が発生した時のお店の対応の悪さです。

「待たされる」「責任者が出てこない」
「店員の態度が悪い」「不親切」

こうした不満が、辛辣に綴られています。

これが、大型店に足りないものなのです。

お客さまのことを大切に思っていれば、
起こることの無い問題ばかりです。

つまり、『心遣い』が足りないのです。

小さなお店なら、できることです。

心遣いがあれば、
コミュニケーションは自然に生まれるものです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
あなたの家族や友人に尋ねてみてください。

「何か悩んでいることはないか?」。

必ず、出てくるはずです。

仕事のこと、身体のこと、人間関係のこと……。
大なり小なり、悩みは持っているものです。

そこに、ビジネスのヒントがあります。

その悩みに、二ーズやウォンツが隠されているのです。

悩みを解決するために、
「こんなものが欲しい」
「あんなものがあったらいいのに」
という欲求が、たくさん存在します。

これに応えることができれば、
大きなビジネスとなるのです。

必要な商品・サービスを探し出し、
コストを抑える手立てを考え、
どう売り込むのかを計画すればいいだけです。


人の悩みは無限にある、と言っても過言ではありません。

テレビコマーシャルを見ているだけでも、
どれだけの「悩み解決ビジネス」があるのか
を知ることができます。

頭髪の悩み。よく見ますよね。
ニキビやシミ・シワなど、肌の悩み。
ダイエット。
腰・膝の痛み。
高血圧。
不眠症。

最近目立つのは、介護や借金問題です。

多くの人が、さまざまなカタチの悩みを
抱えていることがわかります。

こうした人たちのお役に立つことで、
お金儲けが成立するのです。

こんなに素晴らしいビジネスは、他にありません。

ただし、人の弱みにつけ込んで、
悪どい商売をしてはいけません。

髪の毛が生えるからといって、
何百万円もぼったくるような人間には、
必ずしっぺ返しがあります。


お客さまに喜んでもらうことに、
自らの喜びを見出すのが、真の商売人です。

お金儲けだけにニヤニヤするような、
腐った人間にはならないでください。

悩んでいる人の役に立ってください。


こうしたビジネスは、
「大手だからできる」というものでもありません。

小さな会社や個人商店でも、
充分に可能性がある市場だと言えます。

お客さまの悩みは、
身のまわりの小さなことが多いものです。
けれど、本人には大きな悩み。

それに、気づくかどうか。
ただそれだけの差、なのです。

あなたの会社やお店で提供している、
商品・サービスの切り口を
「悩みの解決」で考え直してみてください。

発想が変わるだけで、
ビジネスのスタイルまで変わります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
海外旅行でお土産を買う場合、
土産物屋さんもしくはデューティーフリーショップを
利用する方が大半だと思います。

しかし私は、地元の人しか行かないような
商店やスーパーで買うようにしています。

観光客相手のお店と同じモノ、
あるいは似たようなモノが、安く買えるからです。

驚くほど、価格に差があります。

日本人からすると、デューティーフリーショップでも
安く感じるのですが、地元のお店と比べれば、
“ぼったくり”と思えるくらいに、高いのです。

それでも、旅行の記念だからと、
たくさん買っていくのです。


ここに、商売のヒントがあります。

同じモノでも、高く売ることができる方法です。

お土産やプレゼントといった商品には、
「高くても良い」「高くても仕方が無い」という、
購買心理が働くのです。

日常的に買っているモノとギフト商品に、
大差の無いことは、誰もが承知しています。

デザインやパッケージなど、
見ための違いだけということは、わかっています。

しかし、“買うシチュエーション”が違うと、
「高くても良い」「仕方が無い」と、
感じてしまうのです。


同じ労力で高く売れるのなら、その方が得策です。

……と、言いたいところですが、
そう簡単なことではありません。

海外では、まったく同じモノを
高く売っていることはよくありますが、ここは日本。

そんなことをすれば、お客さまはすぐに気づきます。

だから、パッケージだけを
替えているメーカーが結構あります。

しかし、そんな汚い商売をしてはいけません。

高く買っていただくのですから、
それなりの付加価値をつけなければ、
お客さまを騙すことになります。

高くても納得できる。満足できる。

それだけの価値が無くてはいけないのです。


「素材が通常のものより高品質」
「特別な仕様になっている」
「高級感がある」

単純なところでは、
「おまけがついている」なども
付加価値のひとつだと言えます。

これまでに無いような、
まったく異なる商品を創る必要はありません。

いまある商品に、
ほんの小さなアイデアを付加するだけで、
お客さまは喜んで、高い金額を払ってくれます。


ギフト商品は、利益率の高いアイテムです。
頻繁な購買が無くても、売り上げ構成比は高くなります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
テレビ業界がいま、厳しい状況にあることは、
あなたもご存知だと思います。

不況で、企業が広告予算を削った結果、
そうなったのです。

しかし、大手企業にとって、広告は不可欠なものです。

他に、何か別の手立てを取っているのでしょうか。


これまでテレビや新聞・雑誌などに投入していた予算を、
インターネットに振り分けるようになったのです。

ネットをウマく活用すれば、
低予算で効率良く広告が打てるようになります。

しかも、企業からの一方通行ではなく、
見た人とのコミュニケーションが取りやすいことが、
ネット活用の利点です。

これは、企業にとって理想的なメディアだと言えます。


また、生活者の買い物の仕方が変わってきたことも、
大きな要因としてあります。

これまでは、欲しいモノがあると、
いろんなお店に出掛けたり、
カタログを集めたり、
店員から説明を聞いたりして、検討していました。

しかしいまは、まず「ネットで検索」から始まります。

どこのメーカーの、どんな商品が、どのお店で、
いくらで売っているのかを、最初にネットで調べます。

価格やサービスを比較するサイトまであり、
購入した人の評価まで、書き込まれています。

買う側からすれば、これほど心強い情報はありません。
第三者による情報なので、信頼できそうですし。


そして、ネットの凄さでもあり、
怖さでもあるのが、情報のスピードです。

良いことも悪いことも、すぐに広がります。

買った人が、書き込みサイトや自身のブログに、
思ったままの感想を書くのです。

良い感想なら、爆発的な集客も期待できますが、
悪い感想なら、お店の存続さえ危ぶまれます。

かといって、怖いからネットは活用しない、
というわけにはいきません。

活用しなくても、誰かが情報を流してしまうので、
知らない間に
ネットに掲載されていることもありますから。

ならば、積極的に活用した方が得策です。


「ネットで始まる買い物」。
なのに、ネットに情報が無ければ、
お店は存在しないのと同じです。

ネットは、お金が掛かりません。
すぐに始めてください。


もちろん、ネットと無関係に
繁盛しているお店は、たくさんあります。

そこには、人を惹きつける魅力があるからです。

あなたのお店に、それほどの魅力がありますか?


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
道の駅をはじめとする産品販売所が、
全国でどのくらいあるのか、ご存知ですか。

個人営業も含めて、推計約15,000店にも上ります。

一時的な流行だと言えなくもないのですが、
消費者が「安全・安心」を求めた結果だとも言えます。

産地で直売しているので、新鮮。
卸しが入っていないので、安い。
“わざわざ感”で、レジャーとして楽しめる。

こうした理由によって、
大きな集客力を見せつけています。

しかし、右肩上がりの市場にあっても、
業績の伸びない販売所は、たくさん存在します。

その原因のひとつとしては、
余り物を処分しようとしているだけの、
意識レベルの低い農家が出品していることにあります。

質の良いモノは農協に出荷し、
出せないモノを販売所で処分しようと考えています。

見ためが悪いだけのモノなら、販売所向きですが、
傷んでいるようなモノを、
わからないように隠して売ろうとしています。

これでは、一度買ったお客さまは、
二度と買いには来ません。

また、そんな噂はすぐに広まりますから、
お客さまは減る一方です。

販売所の責任者も勉強不足で、
“しなければいけないこと”が、わかっていません。

農家を集め、勉強会を開いたり、
「安全・安心」のアピール方法を
考えなければいけません。


流行っている販売所の中には、
開店前から車の行列ができているところもあります。

そんな販売所には、
さまざまな工夫と大変な努力があるのです。

・見ためは悪くても、質の悪いモノは出さない。
・前日の残りは回収し、朝穫れの新鮮なモノだけを出す。
・生産者の名前はもちろん、
 顔写真も売り場に掲示している。
・農薬の安全性や使用回数を記載している。
・美味しい食べ方の調理法を教えている。

これらの情報を提供することで、
「安全・安心」な品物であることをアピールしています。

つまり、美味しさの“証拠”を見せているのです。

ただ「美味しい」と書いただけでは、誰も信用しません。

その裏に隠れている、
さまざまな情報を教えることによって、
本当に良い品物であることを証明しているのです。

悪質な商売が横行しているいま、
本物である証拠を見せなければ、
お客さまは信用してくれません。

お客さまにお奨めするには、理由があるはずです。

なぜ、お奨めするのか。
その証拠を見せてください。

証拠の無いモノは、お奨めしてはいけません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス