開店○周年記念セール、クリスマスバーゲン、
歳末大感謝祭……。

このような、ありきたりなイベントは、
お客さまも慣れてしまい、
あまり集客効果がありません。

余程の特典が無い限り、足を運んでくれません。

また、こうしたイベントの欠点は、
“その場限り”だということ。

お客さまの目的は、
「安いモノがあるかも」「面白いモノが買えるかも」。

お店側の目的は、
「まとまった集客で、まとまったお金が入る」。

こんな目的では、いつまで経ってもお店は繁盛しません。

そこに、お店とお客さまの
“繋がり”がまったく無いからです。

特に小さなお店は、人との繋がりを築かなければ、
ご愛顧いただくことは不可能です。

イベントを実施するにしても、
お客さまとの“繋がりづくり”を前提にした、
アイデア出しが大切なのです。

商品とお金の等価交換だけしていては、
その場には何も生まれません。
笑顔も、温かさも、和みもありません。

お金をいただいて、終わり。
これでは、お客さまがまた来たいとは思いません。

「このお店が好きだ」「あの女将さんにまた会いたい」
と思ってもらえるような“何か”が必要なのです。

そのためには、もっとお客さまと接触できる機会を
増やさなければいけません。

世間話をする時間、家族のことを話す時間、
一緒に悩む時間、一緒に笑う時間。

できるだけ多くの時間をお客さまと過ごすことで、
より密な繋がりを築くことができます。


そんな機会を増やす方法をひとつお教えしましょう。

『佐藤きよあき 様 感謝セール』。

たったひとりのお客さまのための
イベントを実施するのです。

その日、その時間は、
ひとりのお客さまだけを特別扱いするのです。
超VIP待遇です。

お客さまの誕生日など、
特別な日に合わせて招待状を送り、
店頭にはセールタイトルを掲げ、お迎えします。

お茶とお菓子を用意したり、
その方の好みがわかっているなら、
特別な商品を特別な価格で提供したります。

たったひとりのお客さまをおもてなしすることは、
大勢のお客さまを相手にするより、難しいものです。

飽きさせないよう、
“間”を持たせる必要があるからです。

これは、接客の訓練にもなります。

ひとりのお客さまを
丁寧におもてなしできるようになれば、
1対1の繋がりも強くなり、
大勢のお客さまとも繋がっていくことができます。


1年で、365人のセール。
時間を分割すれば、
2倍3倍のお客さまの個人セールが実施できます。

そのすべてのお客さまが、VIP待遇を味わうことになり、
「好きなお店」と言ってもらえる可能性も高くなります。

ひとりひとりのお客さまを大切にする、
究極のアイデアです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
新規客が増えず、売り上げは伸び悩み。
宣伝を試みても、経費ばかりが掛かり、
効果はほんのわずか。

店主の多くが通ってきた、試練とも言える問題です。

宣伝は必要です。
しかし、ほとんどの店主が一度は失敗するのです。

特に、チラシ・DMにおける失敗事例は、
限りなく存在します。

「大量にバラまかなければ、効果が無い」とでも、
誰かが教えているのか、
その通りにして、失敗しているのです。

興味のまったく無い人にアピールしたところで、
それが10万枚だとしても、効果は「0」。

本当に興味のある人だけにアピールしたなら、
たとえ50枚でも、集客率は100%の可能性があります。


では、興味のある人、
つまり見込客を探し出すには、
どうすればいいのでしょうか。


1つめは、徹底したマーケットリサーチ。

どの地域に、どんな人、どんな家族が住んでいて、
仕事は何で、収入はどれくらいか、
一戸建てかマンションか、持ち家か借家か、
などを知ることで、ある程度の
ターゲットの絞り込みができます。

こうしたデータは、
人口動態などを調査した「行政要覧」というものを
役所で閲覧できるので、そこから得ることができます。


2つめは、名簿業者から「リスト」を購入することです。

年齢、職業、性別、家族構成など、
さまざまな分類がされており、
比較的正確なターゲットリストを手に入れることができます。

しかし、安くはありません。


そして3つめが、私のお奨めです。

同じターゲットを持つ異業種を見つけ出し、
タイアップするのです。

たとえば、ケーキ屋さんの場合。

ケーキを購入するのは、誕生日やクリスマスなどの
お祝いごとが多いものです。

お祝いの日に必要なものには、花があります。
演出のための花だったり、プレゼントの花だったり。

つまり、フラワーショップに、
ケーキ屋さんと同じターゲットが存在しているのです。

だとすると、
ケーキ屋さんとフラワーショップがタイアップして、
お互いに宣伝し合えば、集客ルートが2倍になります。

顧客リストを交換することもできます。


このように、同じターゲットを持つ
異業種は結構あります。
それを見つけ出すことから、始めてください。


結婚式に出席する人がターゲットなら、
レンタルブティックと美容室。

新築・引っ越しをする人なら、不動産屋さんと家具店。
あるいは、不動産屋さんと引っ越し業者。

和菓子屋さんとフラワーショップ、
タクシー会社と飲食店、
健康食品店とスポーツ用品店、
などもタイアップできそうです。

上記のタイアップが、どんなターゲットなのかは、
考えてみてください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
実店舗より、ネットショップの方が
サービスが良かったとしたら……。

いつでも手軽に購入できる、
ネットショップを利用するようになりますよね。

商品を手に取って見ることができなかったとしても、
サービスの良い、信頼できるお店だということが
わかっていれば、何の不安も無く、買うことができます。


私の妻の父、つまり義父が
「補聴器が聞こえにくくなってきた」と言っていたので、
プレゼントすることに。

義父は遠方に住んでいるので、ネットで買うことにし、
楽天で探してみました。

商品説明のわかりやすさや細かさ、
価格、送料などを選択基準にして、
1店に絞り、注文しました。

義父に送ってもらったところ、
「良く聞こえる」と喜んでもらったのですが、
補聴器の先のイヤーチップ(耳の奥に入るゴム製部品)
が、大・中・小から選べるものの、小でも少し大きくて、
耳が痛いらしいのです。

これでは使えないので、お店に問い合わせてみました。

サイトでは、
「耳のカタチや大きさによって、
 サイズが合わない場合があります」
と、キチンと書かれているのですが、
何か方法はないか、を教えてもらうために
問い合わせたのです。

その回答はすぐにあり、
「イヤーチップの一部に切り込みを入れれば、入ります」
という内容のことをもっと詳細に書いてくれていました。

さらに、
「旧型の同じ商品のイヤーチップなら、少し小さい上に、
軟らかいので、入るのではないでしょうか」
と書かれており、義父宛にそのイヤーチップを
無料で送ってくれるというのです。

このサービス精神には感激です。

義父も「耳が痛くない」と、喜んでくれています。


パソコンの前に座って、キーを打っただけで、
義父を喜ばせることができました。

もし、実店舗で買っていたとしたら、
どうなっていたでしょうか。

電話帳やネットでお店を探し、
時間のある時に出掛け、補聴器を購入。
それを持って帰り、送る用意をして、
宅配便や郵便局の手配をします。

耳が痛いことを聞いたら、再びお店に出向いて相談し、
もし、別のイヤーチップをもらったとしても、
それをまた送らなければいけません。


これだけ手間の掛かることを、
ほんの数分で済ませることができるネットショップを
次回も利用しない理由はありません。

同じ商品・サービスだったとしても、
ネットショップ有利、という場合は多いのです。

もちろん、実店舗の方が良い点も多々ありますが。


もうひとつ、ネットショップの大きな利点があるのです。
これは、お客さまから見た場合のことです。

『価格の安さ』。

ネットで補聴器を扱っているお店を探せば、
とんでもない数のお店が出てきます。

つまり、競争があり、安くなっているのです。

それに比べて、地域の実店舗はほんの数店で、
競争がありません。
ほぼ同じ価格にして、競争しないようにしています。

同じ補聴器1つでも、
ネットショップと実店舗では、数万円違うのです。

これは大きな差ですよね。

実店舗がどれだけ親切丁寧なサービスをしても、
サービスの充実したネットショップが相手なら、
勝ち目はありません。


パソコンの使えないお年寄りが、いまはまだ多いので、
補聴器などは実店舗で買う人が多いかもしれません。

しかし、すぐ下の世代は
普通にパソコンを使っているので、
今後はネットショップの利用がどんどん増えます。

また、子どもが親のために買う場合もあるので、
ネットショップを選択するはずです。


このように、
“ネットで買えるモノはネットで”
という消費行動は、拡大する一方です。

しかも安いとなれば、それが当たり前となります。

「実店舗+ネットショップ」を
考えないわけにはいかない時代となってきました。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
人は、イメージに左右されやすいものです。

高級そうなお店に置いてある商品は、高そうに見え、
汚れたお店にある商品は、
質の悪いモノに見えてしまいます。

お店の前を通りがかっても、
見ためのイメージが悪ければ、
足を踏み入れることはありません。

つまり、第一印象が重要なのです。

これと同じように、
商品のネーミング(名前)についても、
イメージで判断してしまうことが多いものです。


ある実験をしていました。

1種類のハムを同じ大きさに切り、ソテーし、
3つに分けて、それぞれを「那須高原ハム」
「軽井沢ハム」「清里ハム」だと言って、
道行く人に試食してもらったのです。

どれが美味しいかを問うと、面白い結果が出ました。

試食した人のほとんどが、
「軽井沢ハム」が一番美味しいと言ったのです。

中には、「那須高原」「清里」はあっさりしていて、
「軽井沢」には「コクがあり、ハムらしい味がする」
とまで言う人もいました。

これは、明らかにイメージに惑わされています。

軽井沢=セレブ・高級品
というイメージが植えつけられているから、
“脳が味をも変えてしまっている”
と言うことができます。

すなわち、人間が感じる味には、
本来の味だけではなく、“イメージ”という、
別の味が加味されているということです。

これは、非常に重要なことです。

もし、ライバル店と同じような商品を扱っている場合、
そのネーミングやお店の雰囲気が、
勝敗を左右してしまうということです。

商品自体にどれほど自信があっても、
その周辺の要素が弱ければ、
ライバル店には勝てないのです。

言い換えれば、工夫次第でどうにでもなる、
ということでもありますが。

メーカー品を仕入れるだけで名前は決まっている、
という場合には、キャッチフレーズなどで
特徴をアピールしたり、見せ方を工夫すればいいのです。


まず、人の心理を読むことが大切です。

そして、言葉は悪いのですが、
お客さまが勝手にイメージを膨らませてくれるような、
アピールの仕方を心掛けてください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス