寒さ厳しい夜、真冬の街はずれ。
襟を立て、肩をすぼめて歩いていると、
前方にほのかな灯りが。

暗い中の温かな灯りにホッとしていると、
さらに美味しそうな匂いが漂って来る。

屋台のラーメン屋さんがそこにあったなら、
ついつい立ち寄ってしまいます。

冷えた身体には、何より美味しい温かさ。
幸せを感じずにはおれません。


このシチュエーションには、
商売の原点が隠されています。
学ぶべきものがたくさんあります。

「うちは洋服屋だし、屋台とは商売の仕方が違う」。

そう思ったあなたには、
商売人失格だと言わざるを得ません。

お客さまに“幸せをお届けする”という意味では、
商売はみな同じなのです。


なぜ、屋台のラーメン屋さんに
人が惹かれるのかを考えてみてください。

屋台のラーメン屋さんは、街はずれだったり、
駅から離れた住宅街に出ていたりします。

お店がたくさん並んでいるところに出していては、
存在感が小さくなりますから。

競合のいない場所なら、その周辺ではNo.1でいられます。

また、暗い夜に出すことで、
灯りによる集客効果が期待できます。

人は、灯りに集まって来るからです。

そして、飲食店の無い場所なら、
匂いも集客の道具となります。

屋台という小さなスペースでは、
商品(メニュー)の絞り込みや材料の効果的な収納、
無駄の無い動きも考えなければいけません。

また、屋台という売り場に、
商品を出す前の準備も必要です。

売り場(屋台)では下準備ができないので、
スープや具材の仕込みも
完璧にしておかなければいけません。

屋台を出す場所についても、客層や人の流れを
予め把握しておかなければいけませんし、
周辺への迷惑も考慮する必要があります。

接客では、さりげない挨拶はするものの、
お客さまから話し掛けられるまでは、あまり話さず、
一定の距離を保つことも必要です。

お客さまの様子を見ながら、時には話し掛け、
静かなコミュニケーションを取るのです。


このように屋台は、店舗を構えたお店と
何ら変わりの無い商売をしています。

商売に必要なことをすべて実践しているのです。


そこで、あなた自身のことを振り返ってみてください。

昨日と同じ商品が同じ陳列のままなのにも関わらず、
開店5分前に来ていませんか?

客層や人の流れを理解していますか?

集客の工夫をしていますか?

陳列や見せ方を考えていますか?

お客さまが望む接客をしていますか?


これらができているなら、
あなたのお店は繁盛しているはずです。

繁盛していないのなら、
何かできていないことがあるのです。

屋台のラーメンでも食べながら、良く考えてください。

すべては、あなたの心次第です。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
ビジネスを発展させるためには、少なからず、
同業者から嫌われることも必要になってきます。

どういうことかと言うと、
業界の常識に囚われず、
時には型破りなこともしなければいけない、
ということです。

その結果、業界内でも目立ち、妬みの的となります。
嫌がらせや誹謗中傷に発展する場合もあります。

しかし、同業者に叩かれることを恐れていては、
何もできません。

大切にしなければいけないのは、
同業者ではなく、まずはお客さまです。

お客さまの支持を勝ち取ることです。


10分1000円の理髪店がありますが、
ビジネスマンや節約志向の人に喜ばれています。

業界では、
「あんな雑な仕事ではダメだ」
「お客さまとのコミュニケーションが無い」
などと中傷されていますが、
妬み以外の何ものでもありません。

そういう需要があり、喜ばれているのですから、
社会には必要なサービスだったのです。

こうした理髪店は、業界の組合には入らず、
業界の常識を打ち破ったからこそ、
成功させることができたのです。


無農薬・有機栽培で頑張っている農家があります。

その畑の隣に、農薬を使うごく普通の畑があった場合、
この有機栽培農家は、何を言われるかご存知ですか。

「薬を使わなければ、虫がやって来る。薬を使え!」。

安全・安心・美味しい野菜や米を
作るために頑張っている農家に対して、
こんなヒドい言葉を投げつけるのです。

気の強い人なら、
「そんなの俺の勝手だ。
 お前のところも農薬を使わなければいい」
とはねつけるのですが、
まわりからは変人扱いされ、
田舎では暮らしにくくなります。

気の弱い人なら、
「田舎で嫌われたら、生きていけない」と悩み、
結局は農薬を使うようになります。

実際、無農薬・有機でやりたいと思っていても、
なかなか踏み出せない農家はたくさんいます。


話が別の方向に行きそうですが、
同業者の言葉に惑わされず、信念を持って、
業界の常識を打ち破って欲しい、
ということが言いたいのです。

いつまでも古い慣習に縛られていては、
業界自体が衰退するだけです。

誰かが勇気を持って、殻を破らなければいけません。
自分のためにも、業界のためにも。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
「当店のお奨めです」
というフレーズは良く見掛けますが、
このひと言だけでは、
多くの人の興味を惹くことはできません。

なぜお奨めなのかを具体的に書いていなければ、
どこでも見掛ける、手垢のついたフレーズなので、
誰も見てくれません。

お客さまが、その商品を手に取った時に、
使っているイメージが
浮かんでくるような説明が必要なのです。

商品のスペックではなく、使うことによるメリットや
得られる生活シーンなどを書くのです。


さらに、お客さまが自分のこととして、
もっとイメージしやすい語りかけの方法があります。


『こんな方にお奨めします!』


・「最近、疲れがたまってだるい」
  という方にお奨めします。

・「シンプルで使いやすいモノが欲しい」
  という方にお奨めします。

・「維持費の掛からない方がいいなぁ~」
  という方にお奨めします。

・「カロリーを気にしたくない」
  という方にお奨めします。


このように、お客さまが抱いている思いを
フレーズに盛り込むことで、
注目率はかなり高くなります。

また、ターゲットが絞られているので、
購買の決断も早くなります。

ここで、
「ターゲットを絞り込むと、
 他のお客さまに売れなくなるのでは?」
という不安を持つ方もおられるでしょうが、
広く浅いターゲットより、
狭く深いターゲットにアピールした方が、
購買の確率は高いのです。


このアピールの仕方なら、
さまざまな商品に活用できるので、
たくさんのお奨め商品を作り出すことができます。

「当店のお奨めです」では、
一品しかアピールできません。

お奨め商品が、三品も四品もあると、
お客さまが信用してくれませんから。


モノが溢れている時代には、
自分には何が必要なのかを
判断できない人もたくさんいます。

そこで、「あなたにお奨めします」と、
ピンポイントでアピールするのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
安い素材と安い人件費で、安い製品を続々と生み出す中国。
日本は、その多くを輸入しています。

私たちの生活は、
中国無くしては成り立たないとも言えます。

中国のおかげで、
私たち庶民は生き抜くことができているのです。

しかし、日本の経済活動の面から見た場合、
中国からの大量輸入は好ましいものではありません。

「国産」が売れにくくなるからです。

良い素材を使い、優れた技術で作られた高品質のモノは、
どうしても価格が高くなります。

不況のいまは、価格中心の選択をしてしまいがちです。

これは仕方の無いことで、大手企業の価格競争は、
まだまだ続くものと予想されます。

ここに、中小企業・個人商店が
入り込む余地はありません。

厳しい状況が続いたまま、やがて潰れてしまいます。

しかし、不況の中でも、
右肩上がりの会社・商店は存在します。

安いわけでもないのに、売れ続けているのです。

その秘密は、どこにあるのでしょう。


商品に対する『こだわり』です。

素材にこだわり、作り方にこだわった商品を
高く売っているから、右肩上がりになるのです。

“高く売る”と言うと、
悪どい商売のように聞こえますが、
それだけ高い付加価値を持っているので、
お客さまは納得して買ってくれるのです。


高く売るためには、さまざまな工夫も必要です。

また、優れた商品には、それなりの売り方があります。

お店の内・外装、ディスプレイ、
ラッピング、接客なども、
商品の価値に見合ったものにしなければいけません。


ターゲットの見直しも必要になります。

選択基準が「安いかどうか」というお客さまと、
「高くても良いモノを」というお客さまでは、
その対応がまったく違ってきます。


商売をすべて見直す必要があります。

難しい課題かもしれませんが、これをやらなければ、
中国にお店を潰されてしまいます。


「中国で作れないモノを売る」。

これからの日本の商売は、そうあるべきです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス