お客さまが増えない。何が問題なのだろうか?

品揃えが少ないから、
興味の無い人は寄りつかないのでは?

品揃えを増やせば、
欲求に合う商品に出逢う確率が高くなるので、
購入に結びつくのでは?

そう考えて、やたらとアイテム数を増やす店主がいます。

これはまったく逆です。

雑多なモノが並んでいると、
何のお店かがわからなくなり、
お店のコンセプトが隠れてしまいます。

明確なイメージを持たないお店に、
お客さまは興味を示しません。


あなたに欲しいモノがある時、どこで探すでしょうか。

専門店もしくは激安店ではないでしょうか。

何でも置いている百貨店やスーパーで
探そうとはしませんよね。

探しまわっても見つからないから、
最後の最後に「一応見てみるか?」
程度の存在だと思います。


「安く手に入らないだろうか」と考えた時は、
激安店を探します。

ブランドもののアウトレットなどがそうです。
商品の良さは知っているので、
できるだけ安く買いたい場合です。

「どうしてもお気に入りを探したい」という時は、
専門店に足を運ぶはずです。

専門店なら見つかる確率も高いし、
商品の信頼性も高く感じるからです。


百貨店やスーパーのような何でも屋さんは、
利用はするものの、興味の対象ではなくなっています。

スーパーは、日常的な買い物の場所なので、
必要性を見出せますが、
中途半端な百貨店はもはや不要な存在です。


さて、あなたのお店が目指すべきは、
どの方向なのでしょうか?

……と、これは愚問です。

専門店しかないのです。

個人商店が生き抜く道は、
より専門性を高めることしかありません。

これが、「商品を減らす」という意味です。

つまり、お店のコンセプトに合わせて、
商品の種類を絞り込むのです。

絞り込むことで、商品ひとつひとつに対し、
より手間を掛けることができるようになります。

すなわち、商品への思い入れを強め、大切に扱い、
お客さまへの説明もより丁寧にできるようになるのです。

商品が多過ぎると雑な扱いをしてしまい、
それはお客さまにも伝わるものです。

逆に、商品を大切に思う気持ちもお客さまに伝わり、
信頼性の向上にも繋がります。


商品は、その良さを語れば語るほど、
お客さまの心を捉えます。

これは、商品の種類が少ないからこそできることです。
専門店ならではの強みなのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
テレビに出た。新聞・雑誌に載った。
ラジオで紹介された。

その集客効果が絶大であることは、
あなたもよくご存知のはず。

では、あなたのお店は取り上げられたでしょうか?

ほとんどの方の答えは、NO。
取材されて繁盛しているお店を
羨ましく思っているだけですよね。

なぜ、あなたのお店は取材されないのでしょうか?

特徴が無い。話題性が無い。

本当にそうですか?

潰れずにこれまで続けることができたのは、
どこかに魅力があるからです。
もしくは、以前はあったからです。

それを探し出してください。

それでも無いという結論を出したなら、
新しく作れば良いのです。

珍しい商品を仕入れる。新しいサービスを始める。
何でも構いません。

それをマスコミに取り上げられるよう、
積極的に働きかけるのです。

「取材してください」と、
メールやFAXでお願いすれば良いのです。

取材されているお店は、
特徴や話題性があるから取り上げられているんだ、
と思っているかもしれませんが、
実はお店からの“売り込み”である場合が多いものです。

昔のように、記者たちが自分の足でネタ探しをする
ということは少なくなり、
ネットの情報や売り込みの中から、取材先を選び、
記事を作っているのです。

自身では大した話題ではないと思うことでも、
記者の眼は違うかもしれません。
取り上げられる可能性は大なのです。

これを活用しない手はありません。

特別な資料を作る必要もなく、
お店でやっていることを詳しく書けば良いのです。

マスコミは常にネタ探しをしています。

地方新聞・フリーペーパーなら、
大きく取り上げられるかもしれません。

マスコミに登場した反響は、
想像をはるかに超える場合があります。

電話が鳴り止まないこともしばしば。

広告を打つのはとんでもなく費用が掛かりますが、
記事として取材されれば、0円でPRできます。

また、広告と違って、読者の信頼度はほぼ100%。

これでも、あなたは“売り込み”をしませんか?


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
確実に売れるとわかっている商品を
扱うことができるなら、
こんなに楽な商店経営はありません。

わからないから苦労し、悩むのですよね。

しかし、少しの努力でわかるようになる、
と言ったら信じますか。

実に単純な方法です。


『お客さまに聞く』。


「わからないことは、お客さまに聞けば良い」
と書いたことがありますが、
「どんな商品が欲しいですか?」と、
ストレートに聞くのではなく、困りごと、悩みごと、
欲しいモノのイメージを聞き出すのです。

ストレートに聞いてしまうと、
お客さまは「あれを置いて欲しい」
「これを仕入れて欲しい」と、
既存の商品を持ち出します。

それをそのまま仕入れると、
お店のコンセプトに合わない場合があったり、
単に流行を追っただけとなったりします。

お客さまが既存の商品を言っているのは、
100%好みに合っているからではなく、
知っているモノの中では、
持っているイメージに近いから、
“それが良い”と思い込んでいるだけです。

もっと深く探り出せば、
本当は違うモノなのかもしれません。

これを見つけることが重要なのです。

そのために、お客さまが抱えている困りごと、悩みごと、
欲しいモノのイメージを
詳しく聞き出すことが必要なのです。

お客さまとの密な関係づくりも大切になります。

普段からコミュニケーションを図り、お客さまから
相談相手だと思われる関係となっているのが理想です。


本当に欲しいモノがわかっていれば、
売ることは簡単です。

確実に売れるので、経営も安定します。

欲しい人に、欲しいモノを売る。

単純明快。商売の基本。
忘れていたのではありませんか?


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
栄養バランスを考えた定食屋を
全国展開している「大戸屋」。

釜焚ごはんを売りにした
セルフのごはん屋「まいどおおきに食堂」。

どちらも繁盛し、右肩上がりの成長です。

特に変わった料理があるわけではなく、
ずば抜けて美味しいわけでもありません。

ごくごく普通の家庭料理を提供しているだけです。

どうして、こういうお店が流行るのでしょうか。

随分前になりますが、
居酒屋で「肉じゃが」が流行った時期があります。

家庭ではあまり作らない料理となっていたからです。

親に作ってもらっていた世代のお父さんが、
奥さんに作ってもらえなくなり、
その味を居酒屋に求めたのです。


家庭から姿を消したモノは、
別の場所で必ず復活するものです。

現在では、料理そのものが家庭から消えかけているので、
前述のような食堂に足を運ぶようになっていったのです。


昔の日常生活の光景を思い出してください。
そこには、いまは無くなってしまった
こと・モノがあるはずです。


たとえば、庭に出した七輪で魚を焼いている光景。

いま都会でそんなことはできません。

しかし、テレビや雑誌で見て、
楽しそうだという思いは持っています。

ならば、そんな場所を提供するビジネスが考えられます。


縁側に座って、お茶と漬け物を楽しんでいる光景。

都市近郊で田舎の風景が残っている場所に、
「縁側カフェ」を作っても面白いのではないでしょうか。

近場でしばしの癒しを求める人たちにウケるはずです。


たとえ昔の生活を知らない人でも、
“なんとなく懐かしい”という感覚を持っています。

日本人の血なのかもしれません。


このように、いまの家庭から消えてしまった
こと・モノをテーマにしたビジネスには、
成功する土台があります。

誰もが知っているけど、実際にはあまり存在しないもの。

そこに、大きなヒントがあります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
あなたは、お店で扱っている商品に自信がありますか?

「当たり前だろ!」と怒る方もいるかもしれませんが、
本気で“自信がある”と言い切れるでしょうか?

流行っているから、売れ筋だから、という理由で、
“自信がある”と錯覚しているのでは?

商品の良さに惚れ込んで扱っていますか?

お客さまが高い料金を払ってでも、
喜んで買ってくれていますか?

「高いなぁ〜。もう少し安いものは無いの?」
とお客さまに言われた時に、
「それなら、○○○というお店にありますよ」と
笑顔でライバル店を教えてあげることができますか?


たくさんの疑問符「?」をあなたに投げ掛けましたが、
すべてに「ハイッ!」と答えることができたでしょうか?
  :
  :
  :
できていませんよね。

「ハイッ!」と答えることができた方なら、
私のブログを読む必要もないのですが……。

では、どうすれば「ハイッ!」と答えることが
できるようになるのでしょうか。


『自信の持てる商品を扱う』。

本当に良いと判断したものだけを扱うことです。

「流行りもの」「売れ筋」を置いていないと、
売り上げを確保できない、
という不安があるのはわかります。

だから、あなたのお店は個性が無いのです。

「流行りもの」「売れ筋」は、大型店でも売っています。
しかも、あなたのお店より安い。

これでは、あなたのお店に行く理由がありませんよね。

“あの店でなければ!”と、お客さまに思ってもらえる
商品を見つけてください。


ただし、この『自信の持てる商品を扱う』には、
補足があります。

どれだけ探しまわって良い商品を仕入れたとしても、
ライバル店が同じ商品を扱っている場合があります。

その際には、その商品の扱いをやめるのではなく、
もっと大切なこと、商売の原点を見直してみてください。


『お客さまとの信頼関係』です。

まったく同じ商品を扱いながら、
ライバル店より高くても、
買ってもらえるかどうかが重要です。

「多少高くても、ここで買う!」と
お客さまに思ってもらえるかどうか。

商品そのものに違いは無くとも、
信頼関係が上乗せされていれば、
それは違う商品になることを忘れないでください。

すなわち、『自信の持てる商品』となっているのです。

これさえあれば、
ライバル店などまったく恐くありません。

お客さまにライバル店をお奨めする余裕さえ生まれます。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス