ユニクロは、さらに低価格帯である
「g・u.」の出店を進め、
「ニトリ」は、価格のみがテーマであるがごとく
値下げを繰り返し、「イケア」を追い掛けています。

牛丼チェーン各社は、いまだ低価格キャンペーンで、
お客さまの囲い込みを狙っています。

不況が続く限り、
あらゆる業種で「価格破壊」は続くのかもしれません。

こうしたお店にお客さまを奪われた個人商店では、
躍起になってあの手この手を講じたものの、
結果が出せず、半ば諦めムードが漂っています。

しかし、厳しい状況の中でも、
「価格破壊」など我関せずで、
繁盛を続けているお店もたくさんあります。

価格が高いにも関わらず、お店はいつもお客さまで一杯。
活気が活気を呼んでいる状態です。

これこそ、本物の繁盛店。

そこには、
高いお金を払ってでも手に入れたい
“価値”があるのです。

お客さまが、その価値を理解しているが故に、
価格で勝負する必要がないのです。

では、価値とはいったい何でしょうか?

平凡な表現ですが、「個性」のことです。

個性の時代と言われて久しいのですが、
実際はどれもこれも似たようなものばかり。
モノマネもたくさん存在します。

どこに行っても手に入るものに、人は興味を示しません。

本当の個性を持ったお店でなければ、
生き残ることはできないのです。


価格競争に勝つか、個性を創り出すか。

お店を繁盛させる手立ては、この二択しかありません。

大手相手に価格で太刀打ちできない以上、
個人商店が取るべき手立ては、後者しかありません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
お中元・お歳暮を選ぶ基準は何でしょう?

先方が喜ぶもの、役に立つもの、美味しいもの……。

確かにそうなのですが、
ほとんどの人にとって、それは建前。

本音を言えば、安くて見栄えの良いもの、
高そうに見えるものを選びたいのです。

特に、社交辞令的に贈るサラリーマンは、
印象の良いものを選びたいはずです。

また、世の中にある商品のレベルが高くなり、
どの商品を選んでもさほど差が無くなっているので、
最終的には見栄えの差で選ぶことになります。

ならば、商品を提供する側からすれば、
いくら商品に自信があろうと、
パッケージのデザインや包装の手を抜くことはできない、
ということです。

しかし、百貨店やギフトショップで商品を見ていると、
手抜きに思える商品はたくさん存在しています。

商品づくりにコストが掛かり、
パッケージに予算がまわせない、
という場合もあります。

ですが、見ための重要性を忘れてはいけません。

商品に差が無いいま、
“見ためが9割”と言っても良いでしょう。

さらに言えば、
商品の本当の価値がわからない人が多くなっているので、
なおさら見ためは大切な選択基準
となってしまっています。

少しひねくれたものの見方なのですが、それが現実です。


カフェで食事をしたことのある人ならわかるはずですが、
そのメニューのほとんどは
“見ため”だけで勝負しています。

非常にお洒落で洗練されています。

見ためが良ければ、美味しいと感じるものなのです。

それほど、見ためは大切だということです。

もちろん、
味にこだわっているカフェも多少はありますが。


より良い商品を提供したい、と思う気持ちは大切です。

しかし、同じように
パッケージにも力を注がなければいけません。

少し言い過ぎかもしれませんが、
商品に限界を感じたら、
パッケージを変えてみてください。

お洒落に、高級に。

それだけで、売れる可能性は高くなります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
商品・サービスには自信があるのに、集客できない。
広告を売っても、反応が無い。

アピールの仕方を間違っているのかもしれませんが、
立地の問題の方が大きい可能性があります。

つまり、まわりにお客さまがいないのです。
見込み客となり得る客層が少ないのです。

その可能性は店主も考えているでしょうが、
そこで間違いを冒してしまいます。

もっと広い範囲に広告を打てば、
どこかにお客さまがいるかもしれない
と思ってしまいます。

いないとは言い切れませんが、わざわざ遠くから
足を運んでくれるお客さまの数は微々たるもの。

広告の費用対効果を考えると、
無駄な時間と手間とお金を遣っていることになります。

では、どうすればいいのか。

商品・サービスに問題があるのなら、
それを変えることを考えなければいけませんが、
品質には自信があるというのなら、
売り方を変えるしかありません。


足を運んでもらうことができないのなら、
売りに行く方法があります。
それもひとつの手です。

しかし、物理的な限界があります。

個人商店がまわれる地域はそれほど広くありませんし、
店主ひとりで営業しているお店では、
お店を閉めなければいけません。

それが不可能であるなら、
「インターネット通販」を始めるべきです。

すべての問題が解決されます。

・商圏は日本全国。
・店員は不要。
・時間の拘束も短い。
・広告費がほぼ0円。
・お客さまの声も集めやすい。

ここまで好条件が揃っていると、
“やらない理由”が見つかりません。

それでも、やっていないお店はたくさんあります。
困っているのにやろうとしない。

その理由を聞くと、
「ネットで売れるような商品ではない」
「やり方がわからない」。

バカか! と言いたくなります。

ネットの世界で売れないものは無い、
と言ってもいいでしょう。

壊れたテレビやおもちゃだって、買い手はいるものです。
売れるかどうかは、やってみなければわかりません。

やる前から、“売れない”とわかるような人なら、
実店舗で成功しているはずです。

また、「やり方がわからない」と言うなら、
勉強すればいいだけです。

やろうとせずに、すぐ“わからない”
と言う人がたくさんいます。
私の大嫌いな人種です。

“もう辞めてしまえ!” と言いたくなります。


ネット通販の可能性は無限大。

ただし、そこでもかなりの努力が必要となります。
しかし、その努力は必ず報われます。

集客に悩んでいたことがウソのように、
毎日大勢のお客さまが、“来店”してくれます。

それでも、あなたはやりませんか?


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
どれだけ優れた商品・サービスを提供しても、
動きの遅いビジネスは成功の可能性が低いものです。

逆に、“そこそこ”程度の商品・サービスであっても、
いち早く世に出し、真っ先のPRしたところは、
成功の可能性が高くなります。

『巧遅(こうち)は拙速(せっそく)に如(し)かず』。

孫子の兵法にも登場する言葉です。

マーケティング理論においても、
「No.1」になることの大切さを説いています。

「地域で一番になれ」「カテゴリーで一番になれ」。

これはビジネスの規模のことではなく、
スピードの速さなのです。

「○○のことなら、ココ!」と思われるよう、
すばやくPRすることです。

言葉のイメージは良くありませんが、
「早い者勝ち」なのです。


人は、一番以外を記憶しません。

二番手以下は、どこも同じなのです。

良く出てくる例えとして、次のような問答があります。

日本で一番高い山は? と聞かれると、
「富士山」と言えますが、二番目は?

ほとんどの方は言えないはずです。

クイズマニアなら良くご存知ですが、
「北岳」という山です。

では、日本で二番目に大きな湖は?

一番は琵琶湖だと誰もがわかりますが、
二番目が「霞ヶ浦」だとは知りません。


このように、二番手以下は
知らない存在となってしまうのです。

一番になることの大切さがわかりますよね。

そのために“日々精進すること”は、
もちろん大切なのですが、
この話のポイントは「スピード」です。

早く知らしめることの重要性を話しているのです。


世の中には、「元祖」「本家」がたくさんありますが、
お客さまがNo.1だと思っているのは、
自分が見聞きしたことのあるお店の方なのです。

例えば、珍しい商品を開発して、
売れ始めたお店があるとします。

そこに、それをマネして売り出したお店が、
メディアを使って広告を打ったとしたら、
お客さまが最初に知るのは、マネした方のお店です。

すると、このお店が元祖だと
無意識に思い込んでしまうのです。

いくら「うちが元祖だ!」と言ったところで、
時すでに遅し。

マネしたお店の商品が粗悪なものでない限りは、
No.1として売れ続けるのです。

まさに“早い者勝ち”。

生み出した早さではなく、PRする早さのことなのです。

不条理だと思うかもしれませんが、
ビジネスの世界は非情です。

怒っていても、勝てません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
先日、地元のドラッグストアに激しい憤りを憶えました。

いや、そんな気取った言葉ではなく、嫌いな言葉ですが、
「めちゃくちゃムカついた」と言った方が、
私の気持ちは正しく伝わるでしょう。

私と家内が店内に入ろうとしていた時、
何か物音が聞こえたので振り向くと、
駐車場の少し離れたところで、
おじいちゃんとバイクが転んでいました。

私と家内が駆け寄ると、
おじいちゃんの右足にバイクが乗っているようです。

すぐ近くにいたおじさんが、バイクを除けたものの、
どうしていいのかわからないようで、
オロオロするばかり。

私はすぐにバイクを立て、
おじいちゃんに声を掛けました。

頭を打っていないか、痛い箇所はどこかなどを聞き、
怪我を確認しました。

また、バイクを除けたおじさんに、店員を呼ぶと同時に、
救急車を呼んでもらうようにお願いしました。

おじいちゃんに歩けるかどうかを聞き、
身体を抱えながら、日陰に移動させました。

顔から血を流していたので、
ティッシュで拭いたりしていると、
ひとりの女性店員がやって来て、
「救急車を呼びましたから」と言っただけで、
すぐに店内に戻ったようです。

おじいちゃんの様子を見ていたので、
私はそのことに気づかなかったのですが。

お客さまがお店の駐車場で怪我をしているのに、
声を掛けることもなかったのです。


救急車を待っていると、今度は男性店員が来ました。

慌てることなく、様子を見ながら、
ゆっくりと歩いてきました。

私は、おじいちゃんのバイクと買った荷物を
お店で預かってもらうよう、その店員にお願いしました。

すると店員は、おじいちゃんに
「名前は?」と聞いただけで、
バイクのキーと荷物を持って、お店に入って行きました。

すぐに戻ってきて、
おじいちゃんの面倒を見るのかと思ったら、
その後、お店の人間は誰ひとりやって来ませんでした。

お店のお客さまが駐車場で転んで、
怪我をしているのです。

責任はないとしても、
大切なお客さまを気遣うことすらしないのです。

そして、私と家内もお客さまです。

お店の大切なお客さまを、
これまた、お客さまが面倒を見ているのに、
お店の店員は知らんぷり。

許されません。

本来なら、店員が全面的に面倒を見て、
他のお客さまの手を煩わせないようにすべきです。

救急車に同乗して、病院に付き添うべきです。

それが、客商売をしている人間の取るべき行動です。

このお店は、
“お客さまを想う”という心を教えていません。


救急車がやって来て、救急隊員に状況を説明した後、
おじいちゃんは運ばれて行きました。

私と話している感じでは、意識もハッキリしているし、
歩けたので、大丈夫だとは思います。


見送ってから、私はだんだん腹立ちが増してきました。
とりあえずホッとしたのでしょう。

冷静になるほど、店員に対し、お店に対し、
ムカムカしてきました。

たぶん、いまはどこのお店も
こんなやつらばかりでしょう。情けない限りです。

丁寧な言葉遣い、礼儀正しさも大切ですが、
その前に“お客さまを想う”気持ちを
育てて欲しいと思います。


加えて書いておくと、転んだおじいちゃんの近くでは、
ババア2人がクチャクチャしゃべっていたんですが、
まったく手を貸そうとしませんでした。

年齢的にはおばちゃんなのですが、
あまりにも腹が立つので「ババア」としました。

世の中、どうなっているのでしょうか。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス