人がモノを選ぶ基準は、何でしょうか?

機能? 性能? 価格? デザイン?

すべて重要な要素ですが、最終的な判断基準は、
ほとんどの人が「デザイン」です。

つまり、“見ため”。


「人は見た目が9割」という本があったほど、
人でさえ見ためで判断してしまうのです。

真面目で誠実な男性がモテず、
中身の無いチャラ男がモテたりするのも、
女性が“見ため”だけで選んでいるからです。


「ミニ・クーパー」という車がありますが、
非常にファンが多く、人気があります。

ところがこの車は、よく故障することで知られています。
頻繁にメンテナンスしなければならない、
厄介な車なのです。

乗り心地も燃費も悪く、
車体は日本の軽自動車より小さいのに、
排気量が大きく、税金が高い。

なのに、どうして人気があるのでしょうか?

これは、“見ため”以外の何ものでもありません。

格好良くて、可愛くて、時に渋く。
ファンにとっては、愛おしい存在なのです。

たとえ手間が掛かっても、大切に乗り続けたい車です。


このような人の志向を満足させることができれば、
モノは売りやすくなるのです。

価格競争の必要も無く、
高い利益率で売ることができます。

そうなるためには、
“見ため”の良い商品を仕入れなければなりません。

かといって、機能・性能を
置き去りにすることはできません。

機能・性能が良い上に、
デザイン性に優れた商品が理想ですが、
機能・性能は普通以上なら何も問題はありません。

「ミニ・クーパー」のような場合には、
劣っている機能・性能に眼をつぶっても
余りあるデザイン性を有しているのが前提です。


そんな商品を仕入れるには、センスが求められます。
あなたが、デザイン性に優れた商品を
選ぶ眼を養わなければなりません。

「お洒落」「格好良い」「渋い」「可愛い」
……というものが“わかる”センスです。

自らが格好良くなる必要はありません。
センスの良いモノを提供できれば良いのです。

センスを身につけたあなたがセレクトした商品を
自信を持って販売する。

まさに、セレクトショップになることです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
消費者という言葉に違和感を憶えるほど、
消費するだけの社会ではなくなっています。

必要なモノはすべて揃い、
もう人びとは常に満腹な状態です。

食べなければ生きられないモノなど、何もありません。

すなわち、モノは売れません。

そんな社会で、売れるようにするには、
満腹感以外の付加価値をつけなければいけません。

いまさら言うまでもありませんが。

そこで、思い出してください。
お腹が一杯になっていても、食べたくなるモノを。

『甘いものは別腹』。

食後であっても、スイーツは美味しく食べてしまいます。

これは、どういうことでしょう。

行きたかったフレンチのお店で大満足したとしても、
それは消費の一部です。

日常の食事1回分が、フレンチに変わっただけです。

大衆食堂のお客さまが減って、
フレンチレストランのお客さまが増えたという、
“競争”をしたに過ぎません。

これでは、モノが売れたことにはなりません。
お金の遣う場所が変わっただけ。

もっとお金を遣ってもらう方法を
考えなければなりません。

それが、“別腹”商品なのです。

満腹でも食べたくなる商品。
新しい価値を持った商品。

そのヒントは……。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
お客さまが笑顔でお買い物をしてくれる
お店づくりをするには、どうすれば良いのか。

単純にして明快。

お客さまを想い、お客さまの立場で、
喜んでもらえることを考えれば良いのです。

しかし、それを実行するのは、店主であり従業員。

細かなところまで眼が行き届き、
完璧なサービスができるとは限りません。

能力の問題もあれば、
気力・精神力に欠けている場合もあります。

店主も含め、徹底した教育が必要なのです。

商売をする上では、一番難しいことかもしれませんが。


いろんな教育法がありますが、
テクニック以前に大切なことがあります。

お店を経営すること、働くことに、
幸せを感じているかどうか。

モノを売ることが面白い。
お客さまと話すことが楽しい。
お店に立つことにやりがいを感じる。

そんな幸福感を味わえているかどうかが、重要なのです。

店主・従業員が楽しくないと思っていれば、
それは売り場に、顔に、態度に表れてしまいます。

お客さまはすぐに感じ取ります。
“このお店にはもう来たくない”と。

品揃え、ディスプレイ、宣伝……
その前に、『人づくり』から。

店主・従業員が幸せなら、お店は変わります。

幸せのオーラは、お客さまにも伝播します。

“お店に来ると楽しい”
と思ってもらえるようになります。

それが繁盛への入口なのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
私のお客さま。すなわち、コンサルを依頼されたお店の
ホームページを見させていただくことがありますが、
ほとんどの場合、お店が儲かっていないことを
ホームページが物語っています。

文章を読まなくても、ひと通り見るだけでわかります。

デザインや内容のレベルが低いことは別として、
頑張って作っているにも関わらず、反応が無い。

そんな時には、必ず同じ原因が考えられます。


ホームページに「情報」が無いのです。

「商品説明もこだわりも、
 場所や問い合わせ先もちゃんと載せているよ」
と言う店主がいますが、それはただのデータです。

そんなものは、一度見れば終わりです。

情報とは、日々変わっていくものです。
常に新しいことを発信し続けなければ、
意味がありません。

絶えず新しい情報を眼にすることで、
お客さまの記憶に、お店のことが刻まれるのです。

情報は1週間もすれば、頭から消えてしまいます。

消えかけた時に、新しい情報を届けることで、
忘れられないようにしなければならないのです。

しかし、儲かっていないお店のホームページは、
最初に作ったままの状態で放置されています。

どれだけお店に興味を持ったとしても、
二、三度ホームページを訪れて、
目新しい情報が無ければ、
もう見てもらえなくなります。

ニューズレターと同じように、
定期的に新しい情報を流し続けることが肝心です。

情報はネットで集めることが当たり前になっているいま、
作りっ放しのホームページでは、誰も見てくれません。

せっかく苦労して作ったのなら、
最大限に活用してください。

不得手な分野だからと、面倒になるのはわかります。
私もそうです。

しかし、もう避けて通れない時代です。

ならば、積極的にやった方が得なのではないでしょうか。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス