お客さまから見て、
意味のわからない言葉を遣った広告をよく見掛けます。

「バイヤーのいち押し」「バンドル500円」
「車高調もレカロも」……。

わかる人にはわかっても、一般の人すべてが
この言葉の意味を理解できるわけではありません。

そんな広告を見た、お客さまの反応は………“無視”。
広告はまったくの無駄となります。

自分たちが日常的に遣っている言葉でも、
お客さまが知らないことは多々あります。

「普通の言葉だろう」「これくらいなら、わかるだろう」
という思い込みが、
広告費の無駄遣いとなってしまうのです。

専門用語・業界用語は、
お客さまの言葉に翻訳しなければなりません。


「バイヤーのいち押し」なら、
「仕入れ担当者が、歩いて、歩いて、
 歩いて見つけ出した、いま一番のお奨めがこちら」。

「バンドル500円」なら、
「ご家族やお友だちと半分こはいかが?
 2つ買えば、とってもお得な500円」。

(※バンドルは別の商品を組み合わせる場合もあります)

「車高調もレカロも」は、
「車体を下げてスタイリッシュにする“車高調”も対応。
 乗り心地を追求する“レカロ社”のシートも
 多数取り揃えております」。


バイヤー=仕入れ担当者。
よって、「仕入れ担当者のいち押し」
と翻訳すれば良いのですが、
さらに言葉をつけ加えることで、
お客さまへのアピール度は格段に高くなります。

無視されるような言葉もわかりやすく翻訳するだけで、
心に響く広告に変えることができるのです。

何気なく冒していた“ミス”の重大さが、
わかってもらえたでしょうか。


ただし、これはあくまで、
「原則」「基本」だということを
認識しておいてください。

お客さまの属性によっても変わるものです。

マニア相手なら、
専門用語はそのままでも問題ありませんし、
逆に遣った方が権威づけできる場合もあります。

また、さり気なく意味を説明しながら専門用語を遣うと、
商品の信頼性を高めることもできます。


少し難しいテクニックですが、
お客さまの気持ちを読み取れば、
どんな言葉を求めているのかはわかるものです。

常にお客さまの立場で、
お客さまの言葉を遣ってください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
「冷やし中華、始めました」。

お笑いネタにもなったこの言葉、
「そろそろ暑くなってきたなぁ〜」という
時季に眼にすると、食べたくなります。

使い古された年代物の言葉ですが、
まだまだ効果は高いようです。

しかも、昔からの手書きの張り紙に人は惹かれます。

印刷物でも効果が無いわけではありませんが、
手書きであることで、“旬の料理”を作り始めた、
お店の人の息遣いを感じます。

つまり、手書きの張り紙1枚で、
通り掛かりのお客さまとお店との接点が生まれるのです。

これは非常に重要な集客ツールとなります。


手書きの効果が期待できるものとしては、
他にも黒板やホワイトボードがあります。

店頭に立てたイーゼルに、黒板やホワイトボードを乗せ、
「本日のおすすめ」や「○○○入荷しました」と、
手書きでお知らせしているのを
見たことがあると思います。

あれをやるのとやらないのとでは、
かなり集客率が違ってきます。

何も無ければ、いつも通り過ぎるだけの人は、
いつもと同じ。

しかし、手書きのボードがあれば、見てしまうものです。

そして、そこに書かれていることに興味を持てば、
お店に入ってもらえます。

新規のお客さまを獲得しやすくなるのです。


さらに、この方法は常連さんの獲得にも繋がります。

豚カツが美味しいと評判のお店であっても、
豚カツばかりを食べていると、お客さまも飽きてきます。

そんな時、店頭のボードに
「洋食屋スタイルのデミソースビフカツ、始めました」
と書かれていたら……。

「今日は他の店にしようか」と思っていたお客さまも、
ビフカツ目当てにお店に入ってきてくれます。


このように、たまに新商品を手書きで紹介していると、
お客さまはお店から離れず、常連さんになってくれます。

ほんの小さな手間が、
お客さまを引き寄せてくれるのです。
ぜひ、試してください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
お客さまの期待に応えることができ、お店は大繁盛。
常連さんもたくさんできて、将来は安泰。

………と喜んでいても、
そうそうウマくいかないのが、商売というもの。

「このやり方で合っていた」と自信を深めても、
その成功は一時的なもの。

気を緩めず、精進することが肝心です。

………と言ってみても、
それくらいのことは誰もがわかっています。

しかし、わかっていてもやらないから、
たくさんのお店が潰れるのです。


一度成功してしまうと、
「自分には才能がある」と勘違いしてしまいます。

“イケイケどんどん”で、
深く考えることをやめてしまいます。

俺は正しい、確信があると、根拠のない思い込みをして、
失敗すると“客が悪い”と考えるようになります。

こうなると、お店が潰れるのも時間の問題です。

常に謙虚であり続けることを忘れてはいけません。


精神論はさておき、一度繁盛したお店が
気をつけなければならないことがあります。

『お客さまの期待はグレードアップしていく』
ということ。

お客さまの期待に応えることができたから、
成功したのですが、
今後もずっと期待に応え続けることができるでしょうか。

「品質を守り、サービスを徹底していれば、
 お客さまは離れない」。

そう考え、実践することは立派です。
商売の基本としては正しいことです。

ところが、そう単純なものではありません。

お客さまは、わがままです。

お店や商品に対する期待は、どんどん増大していきます。
決して、現状での満足は持続しないのです。

この増大する期待にどう対応するかが、
お店の存続を左右します。

お客さまのわがままをそのまま聞いていてはキリがなく、
お店の進むべき道とも合わなくなります。

さりとて、わがままを無視すると、
お客さまは離れていってしまいます。

その見極め、さじ加減が難しいところですが、
お客さまの“納得”を引き出さなければなりません。


期待のグレードアップに応えるには、
お店のグレードアップも欠かせません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
健康食品や野菜の通販会社では、「定期コース」を設け、
お客さまの“囲い込み”に成功しています。

月に一度、数ヶ月に一度、
商品が無くなる頃に新しい商品が届くので、
お客さまも注文の手間がなく、
会社側も安定した収益が見込めます。

定期的に届くことで、
お客さまが他社で購入することもなくなるので、
確実に引き留めておくこともできます。

これは、理想的なビジネスだと言えます。

この方法は、
さまざまなお店で活用できるのではないでしょうか。

通販専門のパン屋さんでも、
「定期購入」を実施しているところはあります。

和菓子屋さんでも、お茶会や法事で実施しています。


食品に限らず、アイデア次第で「定期購入」はできます。

たとえば、クリーニング店。

暖かくなった頃に、
冬物衣料や毛布を引き取りに行くのはどうでしょう。

「クリーニングに出さなきゃ。でも、面倒だわ」
と思っている頃に、
クリーニング屋さんが来てくれたら……。

確実に依頼してくれます。

季節ごとの決まった時期に訪問していれば、
以後、半永久的にお客さまになってもらえます。


ドラッグストアなら、
赤ちゃんの粉ミルクや紙おむつを
宅配することもできます。

重くてかさ張るので、お母さんも助かります。

高齢者用の紙おむつも需要はありそうです。


花の宅配でも「定期コース」は考えられます。

日常的に花を飾るお宅はもちろん、
亡くなった方の月命日に決まって花を供える方もいます。


暮らしの中の習慣を考えれば、
定期的に購入しなければならないものは、
たくさんあります。

ここに、常連さん獲得のヒントがあります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
世の中には、「気づく人」と「気づかない人」がいます。

人の動きや仕草をよく観察していて、
その人が求めていることを察知し、すぐに行動に移す人。

もう一方は、人のことなど興味もなく、
誰が何をしようが、知らぬ顔をしている人。

どちらが商売人に向いているかはわかりますよね。


お客さまが額に汗をかいていれば、
そっと冷房を強くする。

お客さまがキョロキョロして、
何かを探しているようなら、
近くに寄っていき、声を掛けやすくする。

お客さまが退屈していそうなら、
新聞や雑誌を奨めてみる。

あなたは、こうした心配りができているでしょうか。

できているなら、
あなたには“気づきのセンス”があります。

あまりできていないようなら、
「気づかない人」の烙印を私が押させていただきます。


どうして気づかないのでしょうか。

気づいて行動すれば、
お客さまのお店に対する印象が
変わってくると思いますよ。

好感を持っていただけ、
また来店してくれるかもしれないのですよ。

一生のおつき合いができるかもしれませんよ。

なのに、あなたは気づかない。

やはり、商売人には向いていないのでしょうね。


『お客さまを喜ばせたい』

そう思ったことがないのでしょう。

儲かっている商売人は、
儲けようと努力しているのではありません。

「お客さまを喜ばせたい」
という思いで行動しているだけです。

お客さまに喜んでいただくためには、
お客さまの“喜びそう”なことを
見つける必要があります。

これが、“気づきのセンス”なのです。

「じゃあ、俺にはセンスが無いからダメだ」と、
諦めることはありません。

このセンスは、生まれ持ったものではなく、
身につけ、磨いていくことのできるものなのです。


まずは、お客さまに興味を持つことです。

お客さまは百人百様。
ひとりひとりをじっくり観察し、
欲しているものを探ってください。

そして、行動に移してください。

これを毎日繰り返せば、
“気づきのセンス”は身についていきます。

無意識で気づくようになります。

これが、商売人の素養となるのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス