お店の前を通りがかる人は多いのに、
足を止めてくれない、入ってくれない。

歩いている人は、目的があって歩いているので、
余程興味が湧かなければ、立ち止まってはくれません。

ただブラブラしているだけの人は、あまりいませんから。

そんな人たちに眼を向けさせるためには、
仕掛けが必要です。

お店に気づかせる刺激を与えなければいけません。

その基本は、『五感』に訴えること。

見させて、聞かせて、触れさせて、
味わわせて、匂いを嗅がせて、
「おやっ、何だろう?」という興味を持たせるのです。

「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」に、
強いインパクトを与えます。


わかりやすい例では、
焼き鳥屋さん・うなぎ屋さんの匂いです。

団扇で外に向けてあおいだり、
排気ダクトをわざと正面に出し、
匂いでお客さまを誘います。

すなわち、「嗅覚」に訴える方法。

あの匂いは強烈で、
ついついお店に足が向いてしまいます。


「視覚」の場合には、
お店の外観やショーウインドウで刺激を与えます。

食品サンプルやマネキンがそうですが、
最近は店内の様子を
モニターで流しているお店もあります。

動画は人の興味を惹きますから。


「聴覚」には、魚屋さんの呼び込み、
店内BGMなどがあります。

映画「ロッキー」のテーマ曲を聴くと、
走りたい気分になる人が多くいるように、
音楽は人間の感情に大きく影響します。

つまり、楽しくなる音楽、
落ち着く音楽を上手く活用すれば、
お店に誘いやすくなります。


「触覚」には、「ご自由にお手に取ってご覧ください」
というPOPを掲示しておけば、商品に触りやすくなり、
お店に近づく人が多くなる効果があります。

また、触りたくなる物体を置いておくのも効果的です。

女性を観察していると、
手触りの良さそうなぬいぐるみやクッション、
シルク製品、可愛い小物雑貨があると、
すぐに手に取る傾向があります。


「味覚」は、ずばり試食・試飲で
お客さまを誘い込みます。

“タダ”に弱いのが、人というもの。
大きな吸引力となります。


このように『五感』に訴えるのは、
人の感覚に刺激を与えるものなので、
理屈抜きで興味を持たせることができます。

理屈でものを考えると、
「必要か必要でないか」で判断してしまいますが、
感覚なら、「好きか嫌いか」で選ぶようになります。

“好き”にさせるのは、演出次第。
理屈より、売りやすいのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
玉子の特売日になると、スーパーには人が押し寄せます。

これは、スーパーの集客方法として王道とも言えるもの。
古くから行われており、いまだ効果のある方法です。

この集客法では、
玉子を原価割れで売っているのが普通です。

目玉商品にしてお客さまを集め、
他の商品を買ってもらうことで、利益を確保するのです。

つまり、「損して得取れ」。
商売の基本です。

個人商店でも、
繁盛しているお店ではこれを実践しています。

しかし、不況の影響や大型店に押されて、
売り上げを落としているお店では、
“損”する勇気がありません。

「目玉商品だけが売れて、
 他のものは買ってもらえないでは?」
「損するだけで終わるのでは?」

不安を感じるのも無理のないことですが、
現状のままでさらなる集客が期待できますか?

お店は、お客さまが来なければ、話にならないのです。
何も始まらないのです。

とにかく人を集めることを考えなければなりません。

そこで、玉子の特売のような目玉商品を作るのです。

原価割れまで安くする必要はありません。
誰もが安いと感じる価格にします。

どこよりも明らかに安いとわかれば、
お客さまが大勢やって来ます。

お客さまが集まれば、お店も賑わい、活気づき、
“売れているお店”に見えてきます。

この見ためが大切なのです。

行列があると、その先に何があるのかわからなくても、
並んでしまう人がいます。

これと同じ心理で、
人の集まっているところに、人は集まるのです。

ただし、目玉商品を作ればそれで良し、
というわけではありません。

他の商品を魅力的に見せる工夫や
サービスの充実も忘れてはいけません。


「損して得取れ」を続ければ、
必ず、常連さんに支えてもらえるようになります。


最後に、ある商売人の言葉を紹介します。

「1つくらい損してもいいじゃないですか。
 1つ損しても2つめでチャラになります。
 3つめから儲かりますよ」。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
下町に、ブランドショップ、高級フレンチ、料亭……。

当然、お客さまは来ませんし、
出店することもないでしょう。

地域の客層・特性に合ったお店でなければ、
繁盛させることは難しいのです。

やはり、出店前のリサーチは重要なのです。

しかし、すでに出店している、
その場所以外ではできない、
という事情がある場合にはどうするか。

商品構成を変えたり、
お店を町に合う雰囲気に改装したりする
方法もありますが、
それは自分の意志を曲げての妥協になってしまいます。

妥協は、後悔を生むだけです。

売りたい商品を売れるように考えましょう。


では、どうすれば良いのか。

地域の暮らし・習慣を変えることはできませんが、
そこに住む人びとの意識を変えることは可能です。

失礼な言い方ですが、文化度を上げるのです。

・扱っている商品がどれほど素晴らしいものなのか。

・それを使うことで得られる
 豊かな生活とはどんなものなのか。

・良いモノを手にする満足感とは。

これらを啓蒙することが重要なのです。
知らなかった世界を見せてあげるのです。

下町であっても、興味を示す人は必ずいます。

眠っていた感性を目覚めさせてあげましょう。

チラシを配る。
ミニコミ紙に記事を書かせてもらう。

考えつく限りの啓蒙活動をするのです。

大袈裟かもしれませんが、
「その地域に新しい文化を芽生えさせる」
くらいの気持ちで、取り組んでください。

そうすれば、ミスマッチかと思われた高額商品も
売れるようになるのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
「お客さまに嘘なんてつかないよ!」。

本当にそうですか?

あなたがつかなくても、店員さんはどうですか?

「そんな店員はいないよ!」。

本当に?

“嘘をついている”という意識がないまま、
ついている場合もあります。

お客さまに「○○はありますか?」と聞かれ、
棚に商品がなかった場合、
「ちょっと切らしています」と答えることがあります。

しかし、バックヤードに在庫が無い
という確信はありますか?

別の場所に陳列した可能性は?

これらを確認せずに答えているのは、
嘘をついていることになりませんか?

本当に無いとわかっていても、
問屋さんやメーカーに電話で確認すれば、
すぐに手に入るかもしれません。

取り寄せができるということは、
「扱っている」という意味では、
お店に商品があることになります。

「お取り寄せできますが…」と答えるのが本当なのに、
「ありません」と言ってしまうのは、嘘と同じことです。

また、扱っていない商品なのに、
確認もせずに「切らしています」と言ったり、
「いつ入りますか?」と聞かれると、
「ちょっとわからないです」
と答えてしまう店員さんもいます。

こう言われたお客さまは、
「もう入っているかもしれない」と、
後日来店するかもしれません。

その時、元々扱っていないと知ったら、
どうなるでしょうか。

確認する手間を惜しんで、軽い気持ちで嘘をつく。

その小さな嘘が、大きな損失となるのです。

ひとりのお客さまの後ろには、
100人のお客さまがいます。
あっという間に、噂は広まります。


最近は、質の悪い店員さんがたくさんいます。

何かを質問すると、適当に答える人が多いのです。

調べる・確認するという作業を一切せず、
口から出任せを言う人までいます。

特に家電量販店は酷い。

スペックも確認せず、
「○○くらいじゃないですか」「○○だと思います」
と、平気で言うのです。

嘘のような本当の話です。

“安くすれば、売れる”とでも思っているのか、
店員さんの教育をまったくしていません。


嘘をつかないのは、人としての倫理、基本です。

たとえ、頼りない店員さんでも、
一所懸命に応対してくれたら、誠意が感じられます。

“この人から買おう”と思います。

なぜ、正直な商売が忘れられているのか。

「社会の流れ」で済ますことのできない問題です。

正直であることが、
お客さまに愛されるお店になれるコツだと、
改めて認識すべきです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス