不景気により個人消費が落ち込んで、およそ20年。
回復する気配は見えません。

節約、節約で、社会は重い空気に包まれ、人びとは……。

となっていないのが、この日本の不思議なところです。

確かに、節約志向はみんなが持っていて、
無駄なものは一切買わない傾向にあります。

しかし、息が詰まりそうな節約生活の中で、
うっぷんを晴らす行動に出ています。

それは、「お金を遣う」こと。

矛盾しているようですが、
興味のあることに対しては、
節約を忘れようとしているのです。

つまり、お金が無いわけではない、ということです。

余裕はないけれど、普段節約している分で、
楽しみを買っているのです。

円高の時には、多くの人が海外に行き、
ブランド品を買い漁っていました。

ここぞとばかりに散財し、
ちょっぴり贅沢な気分を味わうのです。

やや円安になったいまも、
駆け込みで海外に行こうとする人が増えています。

国内旅行でも、高級旅館に泊まる人が増えています。

セレブではなく、ごく一般的な層の人が、
「たまには贅沢を」といって、利用しているのです。

有名なシェフの味を体験したいと、
高級レストランにも足を運んでいます。

また、美味しいものがあると聞くと、
遠くまで交通費を使って食べに行きます。


こうした動きを見ていると、
やはり、お金を持っていることは間違いありません。

すなわち、興味あることにはお金を惜しまないのです。

もし、あなたのお店のお客さまが減っているなら、
興味がないということです。

無駄なものは買わないという節約生活の中で、
あなたのお店の商品が、
「無駄なもの」になってしまったのかもしれません。

再び、お客さまに来てもらうには、興味の持てるもの、
魅力のあるものを売らなければなりません。

生活に必要なものは量販店の方が安いので、
張り合っても勝てません。

志向性の強いものを扱って、
“あれが欲しい”と思わせなければならないのです。

流行っているお店は、個性が強いものです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
情報誌やチラシに載っていたお店に興味を持ち、
場所を確認しようとすると、わかりにくい地図だったり、
地図を載せていない場合があります。

この時点で、お客さまを失っています。

どれだけ興味があっても、
探し出してまで行こうとする人は、ほとんどいません。

他にお店はいくらでもありますから。

特に地元に配るチラシでは、
地図を載せていないことが多々あります。

「地元だから知っているだろう」と。

行ったことがなければ、場所は知りませんし、
外から引っ越して来た人は、見当もつきません。

場所を知らないお店は、存在しないも同然です。

地図を載せている場合でも、
大雑把で不親切なことがよくあります。

「これでわかるだろう」と。
ここでも、手抜きをしています。

地図を載せるなら、誰にでもわかる幹線道路や
大きな目印を記入しなければなりません。

それがないならば、他に目印となるものを
わかりやすい文章で書いておく必要があります。

道順を説明しても良いでしょう。

たかが地図、ではありません。

集客したいのなら、来店しやすい地図を作ってください。

大切なのは、お店や商品だけではありません。

“行きにくい”というハードルをなくさなければ、
新規のお客さまは獲得できません。

地図を変えただけで、
大幅に集客率を高めたお店もあります。

集客テクニックを求める前に、
基本を押さえておかなければなりません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
お店の前に行列ができていると、
「何のお店だろう?」「並んでみようか?」
となるのが、人の心理。

行列には、どんなにお金を掛けた広告よりも、
人を集める効果があります。

自分のお店に行列ができれば、嬉しいですよね。
理想です。

そのためには、
お店の魅力、商品の魅力を高めなければなりません。

これは言わずもがなのことで、やるしかありません。

問題なのは、お店にも商品にも魅力があり、
自信もあるのに、お客さまが集まらない場合です。

「宣伝が下手」で、済ますわけにはいきません。

あれこれ勉強してやっているのに、
集客できないのであれば、
この先もあまり期待はできないかもしれません。

そこで、広告よりも効果のある
“行列づくり”を考えてみましょう。

「集客できないのに、どうやって行列を作るんだ!」
と思われるでしょうが、行列は作れるのです。

「毎日、先着15名様。牛ステーキ丼
 通常2500円を1000円で提供!」

利益を無視した超目玉商品を作ります。

これで、毎日開店前には、
15人の行列ができてしまうのです。

通り掛かりの人は、これを見て、お店に興味を持ちます。
次の日には、行列に加わっているかもしれません。

すなわち、安く商品を提供する代わりに、
“サクラ”になってもらうのです。

この人たちで利益を上げることはできませんが、
宣伝効果の大きさを考えると、
非常に安い宣伝費となります。

ただし、商品に自信のないお店は、
絶対にやらないでください。

先着15名様だけが、
その日のお客さまの数となってしまいますから。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
自分をより美しく見せたい。見られたい。

これは、女性の願いです。

そのためにお洒落をして、女磨きに余念がない。

この心理をウマく活用すれば、集客は容易になります。

たとえば、ファッションのお店では、
流行のモノや女性が気に入りそうなモノを陳列して、
演出に工夫を凝らしています。

マネキンに着せた商品がキレイに見えるよう、
ライティングにもこだわっています。

モデルのポスターなども貼って、
イメージしやすいようにもしています。

女性は、自身が着ているところを勝手にイメージして、
想像の世界で納得すれば、試着室に入って行きます。

問題はここからです。


試着室にこだわっていないお店が多いのです。

狭くて、照明も小さく、鏡もひとつ。

これでは、売り場では美しく見えた服を見ても、
「イメージと違うわ」となってしまいます。

一番大切なのは、
試着したお客さまがキレイに見えるかどうか。

試着室の雰囲気は、
扱っている服に合ったデザインであるべきです。

鏡は3面で、横や後ろ姿が確認できること。

照明も、服に合わせた色合いや明るさを
考えなければなりません。

お客さまが着て、キレイに見えなければ、
どんなにお奨めの商品であっても、
買ってはもらえません。


売り場の鏡も重要です。

身体に服を当ててみて、
大まかなイメージを見るために置いていますが、
ここでも照明が大切です。

お客さまが立つ位置に当たる照明にも
気を遣う必要があります。

商品を美しく見せるためだけではなく、
お客さま自身をキレイに見えるように考えることです。

主役はあくまでお客さま、
であることを忘れてはならないのです。


女性がキレイに見える工夫が必要なのは、
ファッションのお店に限ったことではありません。

美容室、レストラン、雑貨屋さんなど、
女性が多少なりとも気合いを入れて行くお店では、
とても重要なことです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング









テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス