中国製品への信頼が地に落ちたいま、
金銭的余裕のない消費者までもが、
国産品を手に取るようになりました。

「安かろう 悪かろう」でも、
それを納得して買っていた人たちはいましたが、
さすがに「危険なもの」には、安くても手を出しません。

「脱・中国」がますます進むと同時に、
他の外国産までもが敬遠されるようになるでしょう。

そうなると、「国産」であることの価値が、
これまで以上に高くなり、
大きなセールスポイントとなるはずです。

「国産」が当たり前の商品であっても、
消費者が認識していなければ、
敢えて「国産」をアピールした方が売りやすくなります。

輸入商品で溢れかえっている、いまの日本では、
「国産」は強力なアピールポイントとなります。

特に大手企業が扱う商品は外国産が多いので、
個人商店が大手に勝つチャンスかもしれません。

「国産」であることプラス、
信頼の技術で作られていることを訴求すれば、
「安全」「安心」を求める日本の消費者は、
必ず振り向いてくれます。

これまでのような価格競争に巻き込まれず、
多少高くても買ってもらえるようになります。

どんどん「国産」をアピールしましょう。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







スポンサーサイト
「幅広い客層に来てもらいたい」
と言う店主は、いまだに多くいます。

“ターゲットを絞り込む”という、
マーケティングの基本を知らない、
もしくは、忘れている人です。

幅広い客層で賑わっているお店は、
確かに存在しますが、
それは結果的にそうなっているだけで、
当初は“こんなお客さまに”と想定していたはずです。

では、なぜターゲットを絞り込まなくてはいけないのか。

それは、ターゲットを絞り込んだ上で
アピールしなければ、商品の明確なイメージを
伝えることができないからです。

“どんな人のための、どんなことができる商品なのか”
をハッキリとわかってもらうためです。

イメージが明確なほど、注目される確立も高くなります。

世の中で流行っている商品を見ればわかります。
特徴がハッキリしていて、目立っているのです。

そんな商品を作らなければ、
収益を高めることはできないのです。

「メーカーではないから、商品は作れない」
と言う店主もいるでしょうが、実は作れるのです。

既存の商品の売り方を変えるだけで、
ターゲットのハッキリした商品へと生まれ変わるのです。

つまり、商品のイメージを独自で創り上げるのです。

売れると想定されるお客さま像に合わせて、
「○○専用」としてアピールするのです。

POPやプライスカードにも「○○専用」と書き込みます。

そうすることで注目率も高まり、
強い説得力を持つようになります。

誰に訴求しているのかわからないような商品には、
誰も興味を示しません。

しかし、「○○専用」となっていれば、
“○○”のターゲットはもちろん、“○○以外”の人も
興味を持ってしまうものなのです。

その結果、幅広い客層に購入されることもあるのです。


伝えるべきは、明確なイメージ。
キャッチコピーは、「○○専用」。

これだけで、爆発的に売れ出すかもしれないのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







価格競争の結末は、誰もが理解しています。

無駄に体力を消耗し、どちらかが諦めるまで続きます。

しかし、わかっていても、
仕掛けられた戦いを無視することはできず、
他の戦法を思いつくこともなく、
渋々参戦することになるのです。

勝っても負けてもその損失は大きく、
ダメージの回復には時間が掛かります。

もし、勝ったとしても、そこには戦略も戦術も存在せず、
真の勝利とは言えません。

相手より、ほんの少し体力が勝っていただけなのです。

真の強さとは、仕掛けられた価格競争に、
価格以外で対抗することのできる
能力を持っていることです。

その中のひとつが、“サービス”です。

競争相手が価格を引き下げてきたら、
その価格差分に見合うサービスを充実させるのです。

保証をつけたり、メンテナンスを安くしたり、
付随するサービスでアピールするのです。

お客さまは、価格だけを求めているわけではありません。
「信頼」や「安心」を欲しているのです。

多少高くなっても、
後悔する可能性の低いお店を選ぶのです。

その安心感が、お店への満足感に繋がるのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







「いつもの!」というひと言だけで、
意思を通じ合わせる常連さんとの関係は、
お店にとってもっとも大切なもので、
守り続けなければなりません。

しかし、“「いつもの!」+α”で
買ってもらうことができるなら、
お店の将来はさらに安泰だと言えるでしょう。

お店の売り上げを伸ばすには、
客数を増やすか、客単価を上げるしか
方法はありません。

客数を増やすというのは、
新規客を集めることになります。

そのためには、広告やセールが必要になり、
費用も掛かる上、お客さまの質を選ぶことはできません。

望むお客さまが来るとは限らないのです。

その点、常連さんは客筋もある程度わかっており、
安心して商売ができます。

できるなら、常連さんを増やした方が、
健全な経営に繋がるのです。

ただし、常連さんを増やすには年月が掛かります。

長年の積み重ねで常連さんになってもらえるので、
「早く売り上げを伸ばしたい」という時には、
時間が足りません。

そこで、即効性のある方法が、
“「いつもの!」+α”なのです。

常連さんとの間には、信頼関係ができており、
商品の売り込みもしやすいのです。

もちろん、無理強いをしてはいけませんが、
さらりとした“ご提案”は許されます。

常連さんの趣味・志向は把握できているので、
それに合わせた商品の提案ができます。

長年のつき合いだからこそ、
欲するものがわかるはずです。

「いつもの!」と言われたら、
別の商品との抱き合わせを提案してみれば良いのです。

「いつもの!」と言わずに、迷っているようなら、
お客さまの好みに合いそうな商品を
どんどん提案すれば良いのです。

積極的に売り込まれると、
新規客なら引いてしまいますが、
常連さんなら笑って許してくれます。

信頼関係ができているから、
新しい商品の提案も楽なのです。

新規客を増やす方法を考える前に、
常連さんにもっと買ってもらう方法を考えてみましょう。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング