“ご用聞き”と言うと、
「いまどき、そんなことやってないよ!」
と思われるかもしれませんが、
“ご用聞き”で成功しているお店は、結構あるものです。

いま消費者は、欲しいものにしか手を出しません。

なので、どれだけ品揃えを豊富にしても、
自分の趣味に合わなければ、買わないのです。

お客さまの欲するものを理解し、
的確な商品を品揃えするのは、かなり難しいことです。

そんな時に、“ご用聞き”が役に立つのです。

お客さまの希望に合った商品を
仕入れれば良いのですから、無駄な在庫もなくなり、
効率の良い商売ができるようになります。

現在“ご用聞き”で成功している事例としては、

「住宅のメンテナンスを“ご用聞き”している工務店」
「在庫を持たずに、
 ユーザーの希望の車を仕入れる中古車販売店」
「季節ごとに常連さんの趣味に合った服を
 海外から仕入れるブティック」

などがあり、何れも不良在庫を発生させずに、
健全な経営を実現しています。

“ご用聞き”と言っても、
お客さま宅を直接訪問する必要はありません。

いまは、そういうことを嫌う方もいるので、
ハガキやメールで聞けば良いのです。

お客さまが望む商品を提供するのですから、
これほどリスクの少ない販売方法はありません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







スポンサーサイト
優れた映画やドラマは、始まってすぐに引き込まれ、
次のシーンへの期待感でワクワクドキドキするものです。

観客の期待に応える場面があるかと思えば、
見事に期待を裏切る展開を見せたりして、
飽きさせない工夫を施しています。

数々の仕掛けによって、
観客はどんどん物語の中に入り込んでしまいます。

こうなると、もう抜け出すことはできません。

映画の世界の住人となって、存分に楽しみ、感動し、
「the end」となるまで、幸せな夢を見続けるのです。

映画やドラマの観客を楽しませる工夫は、
商売にも共通するものです。

お客さまを振り向かせるには、どうすれば良いのか。

飽きさせないためには、何をすれば良いのか。

どうすれば、
喜ばせること、楽しませることができるのか。

そして、感動させる手立ては?

映画やドラマには、
そのヒントがたくさん詰まっています。

映像・シナリオ・演出など、
そのすべてが商売にも活用できます。

ぜひ、映画やドラマをたくさん観てください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







「デカ盛り」「超ビッグ」といったメニューで
注目を集める飲食店があります。

これらの言葉は、
大食いの人たちにとっては非常に魅力があり、
つい足を運んでしまいます。

大食いでなくとも、
“見てみたい”と思う人はたくさんいるでしょう。

デカ盛り専門のガイド本があったり、
テレビ・雑誌で特集されたりもします。

それだけ注目されやすい、
セールスポイントだと言えます。

「そんなのは、食いもん屋にとって邪道だ」
という職人気質の店主もいるでしょうが、
“大食いの人を満足させる”という意味では、
飲食店に「デカ盛り」があるのは、
正しいことなのではないでしょうか。

飲食店に限らず、
「巨大」で注目されているお店はたくさんあります。

・巨大なコロッケや豚カツを売るお肉屋さん。
・3mを超えるジーンズを
 店頭に飾っているジーンズ屋さん。
・巨大なワインボトルから、
 本物のワインが浴槽に流れる温泉施設。

これらは「巨大だ」というだけで、
マスコミにも取り上げられ、
大勢の人びとが集まって来ています。

「商売の本筋から離れている」
と思われるかもしれませんが、
その注目度の高さを考えると、
“邪道だ”と切り捨てるのはもったいない話です。

お店・商品に絶対的な自信があるのなら、
構わないのですが、そうではないのなら、
試してみる価値はあるのでは……。

“ただ目立つ”ということも、
商売には大切なのではないでしょうか。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング







仕入れた商品を店頭に並べて売る。

当たり前のことですが、
それだけではただの金儲けでしかありません。

なぜ、その商品を選び、
なぜ、お客さまにお奨めしたいのか?

そこが、商売を始めたキッカケではなかったでしょうか。

商品に対して、熱い思い入れがあったはずです。
なのに、いつの間にか、流れ作業になってしまっている。

そんなやり方を続けていると、
お店が潰れるのもそう遠くはありません。

気持ちが薄れてくると、お客さまにも伝わるものです。

店主の態度にも、売り場にも表れてしまうのです。

「何だかこのお店は暗い。活気がない」
という“空気感”とも言えるものです。

そうならないためには、熱い思いを取り戻してください。

商品に惚れ込んだ理由を思い出してください。

そこで、ひとつ提案です。

メインとなる商品のカタログを手づくりしてみませんか。

商品写真を貼り、その商品の良い点・悪い点、
どこに惚れたのか、何がお奨めなのか、
などをまったくの主観で書いてみてください。

書く作業で、あなたは思い出すはずです。
その商品への熱い思いを。

できれば手書きにする方が、
お客さまに思いが伝わりやすいでしょう。

手づくり感満載、格好悪いもので良いのです。

“お客さまに伝えるため”というよりは、
あなた自身の“思いを蘇らせる”ための
大切な作業だと思ってください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング