初夏になると、中華料理店や食堂の入口付近に、
「冷やし中華、始めました。」の貼り紙が現れます。

昔から続く風物詩のような存在ですが、
この貼り紙を見ると季節を感じ、
ついお店に入ってしまう人も多いはず。

何の工夫もない紙切れなのですが、
この1枚の集客力は絶大です。

特にいまは、食べものの季節感が薄れているので、
こんな貼り紙1枚にも
季節の風情を感じてしまうものです。


その季節でしか手に入らないものは、
まだまだたくさんあります。

そんな商品が入荷したなら、
どんどん貼り紙でアピールすべきです。

「ぷりっぷり初セリがつお、本日入荷!」

「夏の涼しい麻ジャケット、入荷しました。」

「汗をかきにくいヘアスタイル、ただいまカット中!」

季節ごとにアプローチの方法は、
いろいろあるはずです。

通り掛かりのお客さまのハートを
ちょっぴり刺激してあげましょう。

必ず、立ち寄ってくれるお客さまがいます。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
商売で売り上げを伸ばすために必要な基本項目は3つ。

・お客さまの数を増やす。

・客単価を上げる。

・利用回数を増やす。

簡単ではありませんが、
どれか1つでも達成することができれば、
売り上げを伸ばすことができます。

しかし、この3つすべてを達成すれば、
売り上げの伸びは、あなたの想像を超えてきます。

たとえば、年間売り上げが8000万円だとします。

その内訳が、
客数8000人、客単価2000円、利用回数5回だとすれば、
8000人×2000円×5回=8000万円。

この内、客数を10000人に増やすことだけに
成功したとすると、
10000人×2000円×5回=1億円となります。

これだけでも大きな効果があるように思えますが、
基本項目すべてに取り組んだ場合に比べると、
その差に驚いてしまいます。

客数を同じ10000人、客単価を2500円、
利用回数を6回にできたとします。

すると、
10000人×2500円×6回=1億5000万円となります。

元の売り上げからすれば、ほぼ倍増することになります。

基本項目の達成には、それぞれ戦略が必要となりますが、
1つだけに取り組むより、3つ同時に取り組む方が、
数字が飛躍的に伸びるのです。

これが、『戦略のシナジー効果』なのです。

3つの戦略を立てるのは難しいことかもしれませんが、
達成できた時の喜びは、非常に大きなものとなります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








不況が続く中、人びとはより安いものを求めて、
日々奔走しています。

賢い消費者が増え、
売る側はますます厳しい状況となっています。

「もっと安くしなければ、人は来てくれないのか?」
と悩む店主も多いことでしょう。

しかし、安売りだけがすべてではないことは、
わかっているはず。

だから、余計に悩んでいるのですよね。

「不況でも行列のお店はある」
「高額でも売れている」

よく聞く言葉ですが、どうすれば、
そうなることができるのでしょうか。

すべての消費者が、
安いものだけを求めているのではありません。

日々の生活は質素にしながらも、
自身の趣味・志向に合うものには、お金を遣うのです。

不況となって、
さらにその傾向は強くなっているようです。

安いアパートに住んでいながら、
高級車に乗っている人もたくさんいます。

住まいへの興味はないが車は大好きだ、という人たち。
あるいは、住まいよりは車の方が、という人たちです。

人の価値観はさまざま。

他人から見ればバカげていると思うようなことでも、
本人たちはそれで大満足なのです。

満足のためには、借金をしてでも買うのです。

ここに、商機があります。

高級車が売れているのも、
高級ブランド品に人気が集まるのも、
“高額商品”という価値がそこに存在するからです。

簡単には手に入らない価格、
すなわち商品価値が高いものに、人は惹かれるのです。

商品本来の価値が高いのはもちろんですが、
高額にすることで、
より高い価値を感じてもらえるのです。

人は、高いものに価値を感じてしまうものなのです。

“ぼったくり”を推奨しているのではありません。

高くても、お客さまが満足する商品を
提供することが大切なのです。

それが、儲かるビジネスの奥義なのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








お店を繁盛させるためには、
優れた商品を取り揃えなければなりません。

しかし、業種によっては、
他店と差別化できない商品を扱っている場合もあります。

この場合、価格競争に陥る危険があります。

絶対に避けなければならない問題です。

では、どうすれば
他店より目立つ存在になれるのでしょうか。

商品力が弱いのであれば、
他の何かで補う必要があります。

集客・店舗・接客など、
商品以外の部分を磨き上げるのです。

集客力:なぜか足を運びたくなる仕掛けがある。

店舗力:あのお店にいると、楽しい時間が過ごせる。

接客力:お客さまを大切にする心が伝わってくる。

これらの「力」を身につければ、
他店と同じ商品を扱っていても、
お客さまには別の商品に見えてくるものです。

商品力だけ200%のライバルがいても、
商品力70%+集客力70%+店舗力70%+接客力70%で、
280%となり、圧倒することができます。

商品だけに囚われず、
商品力+αの総合力で勝負してください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選