人気や知名度によって、
人びとを惹きつけることだけに
高い能力を持っている存在を皮肉っていう語。

これを“客寄せパンダ”と言います。

良い意味では使われませんが、
商売上、「人を惹きつける高い能力」は不可欠です。

笑い者にならなければ、非常に重要な戦力となります。

つまり、人が興味を示すものを見せびらかして、
お店に人を集めようとする戦術が
必要だということです。

例えば、
あまり知られていない珍品や希少価値のあるもの。

店主が着ぐるみで接客するのも
“客寄せパンダ”になります。

犬・猫・オウムなどを店先に置くのも客寄せです。

とにかく目立つことが重要なのです。

スマートではないやり方ですが、
この泥臭さこそが商売の基本だと言えます。

お洒落に格好よく、などと考え、基本を忘れていては、
金儲けはできないのです。

まずは、あのお店に行ってみたい、見てみたいと
思わせることが大切です。

お客さまの好奇心を刺激してください。

驚き、笑い、感動……。何でも構いません。

お店に行くことが、ワクワク、ドキドキ、
ほのぼのする仕掛けを作ってください。

来てもらうことができれば、「知っているお店」となり、
次回からも足を運びやすくなります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト
強いライバルに勝てない状況を打破するには、
「一点突破」の戦法が有効となります。

ライバルに勝てる可能性がある
分野・商品に限定して、注力するのです。

どれだけ大きなライバルであっても、
完璧ではありません。

どこかに必ず弱点があります。

じっくり観察して、それを見つけ出せば、
打倒ライバルの突破口となります。

そこに全神経を集中して、
まずは“小さな勝ち“を獲得するのです。

その「一点」で集客率を上げ、
お店の認知度を高めます。

これをキッカケに、「○○のお店」として定着すれば、
次なる“勝ち”を取りにいきます。

別の突破口を開拓するのです。

この戦法を繰り返すことで、
ライバルとの差は縮まっていきます。

“小さな勝ち”を積み重ねれば、
それはやがて“大きな勝ち”となります。

弱者は弱者なりの戦法を取らなければ、
強敵を倒すことはできません。

“小さな勝ち”でも、「勝ちグセ」をつけていけば、
どんなライバルが現れようとも、
冷静に対処できるようになります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








都会で厳しい商売を強いられているのなら、
田舎へ移転してみるのはどうでしょう。

「商売はそんな単純なものじゃない!」
と怒られそうですが、ちゃんとした根拠があります。

田舎は人口が少ないなら、お客さまも少なくなる。
そう考えるのが普通ですが、
その分ライバルも少ないことを忘れています。

つまり、競い合う相手がいなければ、
お店の存在感は増します。

店舗あたりの人口では、
田舎の方が多い場合が多々あります。

お店の存在さえ認識されれば、
多少遠くからでも来てくれます。

都会では、お店も情報も氾濫しており、
例え人通りの多い場所でも、
目立たないことがあります。

しかし、田舎ではお店を作っただけで、
すぐに噂が流れ、オープン告知の必要もないくらいです。

これまで地域に無かったお店なら、
ほとんど苦労せず、地域No.1になれます。

お客さまの独占状態です。

最近、山奥のフランス料理店やケーキ屋さん、
パン屋さんが増えています。

雑貨屋さんや絵本屋さんなどもあります。

本来なら、人の多い場所でなければ営業できないような
業種のお店が、田舎で開業しているのです。

「そこしかない」と言われる唯一のお店となって、
長く安定した商売を続けられるのです。


田舎で再起!

あくまで選択肢のひとつですが……。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








季節や年中行事に合わせて、
チラシを打っているお店も多いことでしょう。

集客には有効な手段ですが、
毎年恒例だからと、
型通りのチラシを作ってはいませんか。

「もうすぐ2月14日。愛よ届け! バレンタイン」。

そんな言葉でチラシを打っても、
何の効果もありません。

お店の思いがまったく伝わっていません。
“提案”がないのです。

「今年のバレンタインは、○○○にしませんか?」
という、お店からの提案に人は反応し、
そのお店に足を運ぶのです。

たとえば、
『義理チョコより友チョコ。
 自分へのご褒美が、いまの主流。
 そして、女性から男性へではなく、
 「愛する人への贈り物」という、
 バレンタインデー本来の意味に回帰してきています。
 当店では、“適当に選ぶ”チョコを置いていません。
 お友だちのため、自分のため、愛する人のために、
 本気で選ぶ逸品だけを揃えております。
 じっくり選んでみてください』。

気取った言葉も、飾った言葉も必要ありません。

お店の“提案”を自分の言葉で、
ストレートに伝えれば良いのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選