さまざまな業種が、巨大な組織によって、
チェーン店化されています。

チェーン店だと気づかないようなお店も多く、
個人経営のお店だと思って
利用しているお客さまもたくさんいます。

お客さまが満足しているのなら、
それを批判するつもりはありません。

しかし、個人経営のお店は、
強いライバルに危機感を持っていることでしょう。

多種多様な業種・業態のノウハウを持っている組織に、
真っ向から挑んでも勝ち目はありません。

では、どうすれば?

取り扱い商品を特化する。
専門店化する。

個人経営のお店が生き残るための方法として、
私も何度か提案しています。

しかし、専門店化しても、
どこかに“逃げ道”を作っている店主が多いのです。

看板には「○○専門」と書いていても、
品揃えが中途半端なのです。

少しでも幅広い客層に来てもらいたい、
という思いが残っています。

これでは、専門店化のインパクトが弱まり、
注目度が低くなってしまいます。

マニアだけを呼び込むくらいの特化が必要なのです。

そのためには、自身もマニアにならなければなりません。

マニアになって、
マニアを喜ばせる品揃えを考えるのです。

マニアックな専門店は、それだけで注目度が高くなり、
マスコミに取り上げられる可能性も高いのです。

すると、やって来るのはマニアだけではなくなるのです。

マニアックな世界は面白そう!
と、興味を持つ人たちはたくさんいます。

それがキッカケで、マニアになるかもしれません。

個人経営のお店は、
これからどんどんマニアックにならなければ、
生き残れないのかもしれません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト