夏が暑いと、経済が上向きになる。
個人消費の起爆剤となる。

マーケティングの分野では、そう言われています。

暑さが続くとどうなるかを想像してみてください。

エアコン・扇風機が売れる。
涼感ファッションが売れる。
涼しい場所・水のある場所に行きたくなる。
火を使う料理をしたくないので、総菜を買う。外食する。
冷たいものが欲しくなる。
スタミナを維持する料理を食べたくなる。

あらゆる場面で、“冷感欲求”が刺激され、
そのための消費行動に移ってしまいます。

ここが、チャンス!

無理やりにでも、
あなたのお店と暑さを結びつけてみましょう。

「涼しそう」「冷たそう」「快適そう」が連想されれば、
商品を買ってくれます。

季節を活用した販促は、商売の基本です。

暑さと不景気を
あなたのアイデアで吹き飛ばしてください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選








スポンサーサイト