FC2ブログ
いまコンビニ各社は、
店員さんへのシニア層の採用を積極的に行っています。

政府が訴えている「高齢者の雇用促進」ではなく、
シニア層の“能力”を買っての採用です。

セブン‐イレブンは、年齢無制限で、
労働日数・労働時間も相談に応じています。

なぜ、そこまでしてシニア層を採用するのでしょうか。

それは、「コンビニが社会で果たす役割」にあります。

言い換えれば、
社会から求められていることに応えるためには、
シニア層の力が必要なのです。

シニア層は社会経験が長く、
常識や人との接し方を知っています。

SNSで暴走するような若い店員のようなことはしません。

学生やフリーターと比べると、
勤務態度が良く、遅刻や欠勤も少ないのです。

世代的に真面目な人が多いので、
自分の与えられた仕事・役割をきちんと理解しています。

それが、若い店員にも良い影響を与えていると言います。

しかし、これらはシニア層の“素質”であって、
“能力”ではありません。

コンビニが期待する能力は、もっと他にあります。

コンビニではいま、高齢者の利用が増えています。

遠くのスーパーより、近くのコンビニ。

お店の規模や利用できるサービスが、
高齢者にとって非常に便利なのです。

スーパーは大きくて疲れますが、コンビニは小さい。

すぐに食べられるお弁当や惣菜、
小さくカットされた野菜が売られている。

荷物を送ることも公共料金を支払うこともできる。

そんな便利さに気づいた高齢者が、
日常的に利用するようになったのです。

こうなると、高齢者にとってコンビニは、
生活に不可欠な存在となってきます。

コンビニとしても、望まれているのなら、
それに応えなければなりません。

そこで始まった取り組みが、
ひとり暮らし高齢者への買い物支援や
弁当の配達、移動販売などです。

この取り組みに必要なのが、シニア店員なのです。

若い店員でも良いのですが、
高齢のお客さまとのコミュニケーションが
難しい場合があります。

シニア店員なら、
同年代や年配者の気持ちを理解しやすいと言えます。

また、地元の人間なら、地域の実情にも詳しいので、
お客さまとのコミュニケーションが取りやすいのです。

人と人との繋がりを作りやすいので、
地域密着型の店舗として、お客さまにも愛されます。

今後、コンビニに求められるのは、
「地域のインフラを担うこと」です。

地域の中心的存在となって、地域社会を守っていく。

その“機動力”となるのが、シニア店員なのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
企業やお店が新規出店する際、
同業種が集まっている地域に
事務所や店舗を構えることがあります。

事業に関連するモノや情報が手に入りやすい
という利便性や集客力の高さを考えてのことです。

電器屋街・家具団地・歓楽街なども、
同業種が集まった後、関連するお店も集まることで、
さらに大きな集積地となるのです。

同業種が集まっていれば、
当然、お客さまも遠くからやって来ます。

そこに行けば、欲しいものが手に入りやすいからです。

こうして、誰もが知っている
「○○街」が形成されるのです。

「○○と言えば、○○」という
明確なイメージが構築されれば、
想定しているターゲットが確実に足を運んでくれます。

このような地域に出店できれば、
集客の苦労がかなり軽減されます。

では、誰もが認める「○○街」には、
まったく違う業種は出店できないのでしょうか。

出店しても、失敗するのでしょうか。

実は、ここに大きなチャンスが存在しているのです。

ここに集まるターゲットは明確なので、
このターゲットが持つ、
別の欲求を読み取れば良いのです。

東京・秋葉原は、電器屋街として有名です。

家電やパソコンを求めて、多くの人がやって来ますが、
特に目立つのは「オタク」と呼ばれる若い男性。

マニアックな彼らは、
その強いこだわりを満たしてくれる、
家電・パソコンを探し求めています。

この「オタク」の別の欲求を読み取って成功したのが、
AKB48の劇場やメイドカフェです。

家電・パソコンのオタクは、
アイドルやメイドに関するオタク
でもある場合が多いのです。

さらに、秋葉原に出店した、別の欲求を満たすお店が、
「カレー屋さん」です。

オタクたちは、
目当ての商品を探すことに時間を費やしたいので、
お腹が空いたら、手早く食べられるお店を探します。

「安い・早い・大盛り」のカレー屋さんは、
まさにピッタリのお店だったのです。

元々、この界隈にはインド人技術者が多くいたことから、
カレー屋さんはあったのですが、オタクが増えたことで、
他地域にお店を構えていたカレー屋さんが
どんどん集まり、いまや100店近くにまで増え、
激戦区と言われるようになりました。

さらに、その噂を聞いた外国人までが集まるようになり、
カレー屋さんが観光資源となっているのです。

この外国人の欲求を読み取れば、
さらなるビジネスが展開できそうです。

多くの人が集まる場所は、
その人たちの欲求を満たしてあげることを考えれば、
新たなビジネスの生まれる可能性が高くなります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村







新規事業を立ち上げようとしているあなたに質問です。

そのアイデアは、どこから生まれたものでしょうか?

緻密な戦略から導き出したもの?
それとも、ひらめき?

何れにしても、
そのビジネスモデルはまったく新しいものではなく、
どこかに存在しているものであることを断言します。

どれだけ優れたアイデアだと思っていても、
それは既存のものをアレンジしたものか、
何かと何かを融合させただけのものです。

すべての物事、無から有は生まれないのです。

言葉に抵抗があるかもしれませんが、
どこからか“パクった”ものなのです。

パクりを否定するわけではありません。
新しいものを生み出すためには、パクりが必要なのです。

日本中、世界中を歩いて見つけたものをヒントに、
自分で作って販売するのは、
大昔から行われてきたことです。

それがなければ、新しいものは世の中に広まりません。

「流行」は、まさにその典型。
“パクりの連続体”とも言えます。

多くの会社やお店がパクることで、
世の中の隅々まで行き渡るのです。

もし、あなたが新しいビジネスを始めようとするなら、
いろんなところからパクってくれば良いのです。

ただし、パクりにはルールがあります。

商品の方向性や売り方をパクるのは良いのですが、
明らかに違う会社・お店であることを
わからせなければなりません。

お客さまが勘違いして入ってしまうようなパクり方は、
絶対にやってはいけません。

以前、焼き鳥屋さんの「鳥貴族」と「鳥二郎」との間で、
訴訟問題となったことがあります。

鳥二郎は、ロゴや店舗デザイン、メニューまで、
鳥貴族そっくりなものを作ったのです。

これは言語道断。
お客さまへの詐欺行為だと行っても良いでしょう。

儲けるためには何をしても良い、と考えています。

他にも、「塚田農場」と「山内農場」。
「磯丸水産」と「豊丸水産」。

恥ずべきパクりが横行しています。

特に飲食業界が目立っていますが、
“礼儀正しいパクり方”をしているお店もあります。

「ラーメン二郎」をパクっているお店は、
全国に広がっていますが、
批判されているお店はありません。

いわゆる、
“インスパイア系”と呼ばれるラーメン屋さんです。

「野菜マシマシ」や「ニンニクマシマシ」
などの方向性はパクっていますが、
店名やロゴ、店舗などはオリジナルとなっています。

また、「ラーメン二郎」がそれを許すことで、
“二郎系”として全国に拡散し、
「ラーメン二郎」はその頂点として、
君臨することができるのです。

正しいパクり方をすれば、
その分野の市場そのものを拡大することができ、
儲けにも繋がるのです。

「吉野家」をいろんな企業がパクったからこそ、
牛丼が日常食として定着したのです。

香川県のうどんをパクったからこそ、
セルフうどんが日本中に広まったのです。

市場は、パクりで活性化します。

新ビジネスを考えるなら、どんどんパクりましょう。

ただし、礼儀正しく。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村