あなたのお店の商圏内に、
新しい住民が引っ越して来ました。
さて、あなたは?

何もしていませんよね。
引っ越して来たことさえ、知らないかもしれません。
日頃から、地域の情報を集めようとしていないからです。

新しいお客さま誕生のチャンスなのに、
何もしないのですか。

新しい住民なら、
地域にどんなお店があるのかは
知らないことが多いはず。
つまり、競合のお店も知らないのです。

いま、売り込まなくて、いつ、売り込むのですか。

「うちは、チラシを打っているから、大丈夫だろ」
「ポスティングでカバーするさ」

そんな消極的な販促で、お客さまは掴めません。
お宅を訪問して、ご挨拶するくらいの積極性が大切です。

「たった1軒のために、そんな手間はかけられないよ」

そう思っているなら、商売人としては失格です。

ひとりのお客さまを大切にできないで、
どうして、たくさんの常連さんを
大切にできるのでしょうか。

みんなすべては、“ひとりのお客さま”からです。

ひとりひとりが、やがて100人、
1000人になっていくのです。

そうは言っても、
ただご挨拶に行けばいいわけではありません。
行かないよりはマシですが、訪問の際のひと工夫で、
その効果は雲泥の差になることを知っておいてください。

チラシやパンフレット、粗品を持って行く。
それもいいのですが、それでは単なる売り込みです。
もっと、新住民が喜ぶことを考えてください。
  :
  :
  :
新住民は、何を欲しがっているでしょうか?
  :
  :
  :
どんなことを知りたいでしょうか?
  :
  :
  :
その地域のことではないですか?
  :
  :
  :

たとえば……

・どこにどんなお店があるのか。
・病院や薬局はどこか。
・ゴミ出しの方法や日時。
・自治会長など町内のこと。
・地域の行事はどんなものがあるか。
・地域のしきたりや慣習。
・行政サービスの内容。

などなど。

こうした内容をまとめて、
リーフレットのようなものを作り、
「わからないことやお困りのことがあれば、
 いつでもご相談ください」
と言って、手渡せば、喜んでいただけるはずです。
お店に好意を持っていただけます。

新住民にとって、親切なお店、便利なお店になれば、
これから先、長いおつき合いが約束されます。
口コミが広がるかもしれません。


人への親切は、商売人の使命です。

地域で愛される存在にならなければいけません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


人気ホームページランキングへ






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック