焼酎専門店を視察してきました。

私は、どちらかと言うと、日本酒の方が好きなので、
あまり縁の無いお店なのですが、
このお店はかなり興味を持ち、
飲んでみたいと思う焼酎がたくさんありました。

まず、店頭に陳列された焼酎が目を惹きます。

ヨーグルト風味のものや、マンゴー、ももなどの
フルーツ入りのものが、小さなテーブルや籐のカゴに
ディスプレイされています。

女性や若い人は、こういうカクテル系のものを
好む傾向がありますので、思わず足を止めてしまいます。

瓶のデザインや焼酎の色が、本当に美味しそうなのです。
男性の私でも飲んでみたいと思ってしまいます。

男性臭さのある焼酎のお店としては、上手いやり方です。
女性に興味を抱かせます。

また、その横にも、女性を惹きつける工夫がありました。
梅酒のコーナーです。

私は知らなかったのですが、
全国の酒蔵で作られているのですね。
その種類の多さに驚きました。

梅酒と言えば、家で作るか、
チョーヤぐらいしか知りませんし。

その梅酒が、非常に興味を惹くのです。

「にごり梅酒」「樽熟梅酒」「販売店限定」

など、つい誘われる言葉が、たくさんあります。

お酒には弱いけど、飲みたい。
という中高年女性にウケそうです。
健康にも美容にも良いということを知っているので、
最近はよく売れているようです。

店内に入ると、圧巻です。
数百種類の焼酎が、これでもかと陳列されています。
とてもキレイです。

瓶のカタチ・色もさまざまですし、
特にラベルの美しさには、見とれてしまいます。

レトロっぽいものから、
洗練された現代風のもの。純和風のもの。
見ているだけで、楽しくなります。

そうなのです。このラベルが大切な要素なのです。

焼酎に本気でこだわる人は、酒蔵や作り方を知って、
好みのものを求めるのですが、
そんな人は、ごく少数です。

ブームに乗ったまま、飲み続けている人か、
「通」まではいかない焼酎「党」の人です。

そんな人が選ぶ基準は、麦か、芋か、そばか、
といったものですが、その中から決定する際には、
“見ため”を重視するのです。

「美味しそう」と思える“ラベル”が、
重要になってきます。

実に単純な理由です。
「はじめの一歩」は、ラベルなのです。

それが気に入れば、次回も買いますし、
ダメなら、また別の“ラベル”を選びます。

見ためが大切だということがわかりますよね。

品揃えを考える場合には、
この“見ため”も充分に考慮する必要があります。

このお店は、焼酎の人気ランキングやお奨め品を
A4のチラシにして、店頭に置いています。

お客さまとしては、
ランキングの上位に興味を示しますので、
こうした取り組みも評価できます。

また、店内には、お洒落で粋な酒器や、
ちょっと変わったおつまみも置いています。

これも酒呑みには、嬉しいことです。
ついつい買ってしまいます。

私も焼酎を眺めながら、結構長い時間、
お邪魔してしまいました。
見ているだけで、楽しいお店でした。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


人気ホームページランキングへ






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック