私が観察しているお店があります。
フランチャイズの「たこ焼き屋」さんです。

経営しているのは、魚の卸し会社。
たこを扱っているからたこ焼き屋、
なのかどうかはわかりませんが、流行っていません。

魚の方で儲かっているので、
なんとか潰れないでいるようですが、時間の問題です。

味が悪いわけではありません。
フランチャイズですから、
ある程度の味は確保されています。

では、なぜ流行らないのでしょう。

オープン当初は、新しモノ好きの人たちによって、
多少賑わっていましたが、少し経って落ち着くと、
人は来なくなりました。

しばらくすると、「ソフトクリーム」を売るようになり、
また少し経つと、「モダン焼き」まで売り出しました。
そして、冬場は「焼きいも」ののぼりが立っていました。

これだけ見ても、売れていないことがわかります。
売れないお店の典型です。

これも置くと売れるかもしれない。
あれもイケるかも。
冬だからこれも。

次々と売れそうなものを考えては、置くようになります。

こうなると、ますます売れません。
何のお店かがわからなくなるからです。

あれこれ扱うようになると、
どれにもこだわりが無くなり、
すべてが中途半端な商品となってしまいます。

あくまで、「たこ焼き」を売る努力をすべきです。

もし、商品を増やしたいなら、
たこ焼きのバリエーションを増やせばいいのです。
それ以外のものは、扱わない方がいいでしょう。

このお店の一番の問題は、立地です。

安売りドラッグストアと、産直市場の敷地内にあります。
どちらも安さが売りのお店です。

ということは、
来ているお客さまも安さ目当ての人ばかり。
たこ焼きは、1皿400~500円します。
まずは、買いません。

これが、レジャー施設のある場所だったり、
ショッピングセンターなら、
繁盛しているかもしれません。

もし、フランチャイズではなく、個人経営のお店で、
特徴のあるたこ焼きを売っているなら、
それを目当てにお客さまは集まるかもしれませんが、
フランチャイズは所詮“ほどほど”です。

立地の悪さをカバーできるほどの『力』がありません。

フランチャイズは、便利な場所にあって、
味と価格に安心できるから行くのです。

この「たこ焼き屋」さんは、
レジャー感覚で人が集まって来る場所へ
出店すべきでした。

人が来ないと嘆いているお店は、
立地の見直しもしくは、“わざわざ”来ていただける
「商品力」を考えてみませんか。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


人気ホームページランキングへ






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック