埋蔵金、沈没船、金鉱。
これらは、古くから男性を熱くさせる“宝探し”ですが、
実は女性も宝探しが好きなのです。

バーゲン会場を見ればわかります。
開場と同時に走り出し、
血相を変えて、なり振り構わず、商品の奪い合いです。

男性から見ると、興ざめする光景ですが、
女性は楽しくて仕方ないのです。

新年の福袋など、
地方からわざわざ東京に出かける女性もたくさんいます。

それほど、“宝探し”が好きなのです。

そんな魅力的な“宝探し”を
個人商店にも活かせないものでしょうか。
その集客力があれば、売り上げ確保も楽になります。

バーゲンをしろ、と言っているのではありません。
“宝探し”をお店の販促策や演出に活用するのです。

たとえば、商品の陳列。

同じような商品が、いつも同じ場所にある。
これでは、お客さまは何も発見することがなく、
楽しくありません。

いつもの陳列の中に、まったく趣きの異なる商品を
1、2個混ぜて陳列しておくと、どうなるでしょう。

お客さまは、見たことのない商品を発見し、
驚き、楽しくなってきます。
すると、その場所が新しい陳列に見えてくるのです。

この方法は、陳列すべてを変えた時より、
“宝探し”の驚きが増します。

なぜなら、すべてが新しい商品ばかりだと、
ひとつに意識が集中しづらく、
あれもこれもと興味が移ってしまいます。

しかし、見慣れた光景の中に、
1つだけ知らないモノがあると、
その商品は光り輝いて見えるのです。

手に取って眺める人も増え、購入へと繋がります。

また、その場所にしばらくいることで、
他の商品へも眼が行くようになります。

すると、他の商品の良さが見えてきたり、
興味が湧くこともあります。

1つ2つの商品を混ぜるだけで、
他の商品が売れるようになるのです。

よくワゴンセールをやっているお店がありますが、
これにも“宝探し”の楽しさがあります。
掘り出し物を見つける楽しさです。

しかし、単なる売れ残りを山積みしている場合が多く、
これでは、なかなか商品は捌けません。

確かに、売れ残りを処分するには
いい方法ではありますが、
そのワゴンに魅力的なモノが入っていないと、
人だかりはできないのです。

やはり、“宝”が必要です。

売れ残りの中にも、
お値打ち品(宝)を混ぜなければいけません。
これで、楽しさが増すのです。

お値打ち品を見つけて、「得したわ」と感じたら、
その得した分で、他の商品も買ってしまおうとするのが、
人の心理です。

売れ残りだからといって、別に悪い商品ではありません。
安ければ買ってもいい、と考えます。

これが、ワゴンセールの成功法です。

“宝”が無ければ、人は熱くなりません。


この“宝探し”は、飲食店でも応用されています。

「シェフのきまぐれランチ」や
「今月の新メニュー」など、
定番に無い商品を時々入れ替えて、
お客さまが飽きないように工夫しています。

これも、驚き、発見の楽しさが味わえる
“宝探し”だと言えます。

さぁ、あなたのお店では、何が“宝”になりますか。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


人気ホームページランキングへ






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック