「甘みたっぷり。朝採れ大根」

「サラダにすれば、果実のような甘さがお口いっぱいに。
 太陽降り注ぐ山下さんちの農園で、
 今朝収穫した、ピチピチ大根」

どちらが美味しそうでしょうか?

長ったらしい説明ですが、
後者の方が買いたくなりますよね。
健康に育てられた、甘い新鮮な大根だ
ということが伝わるからです。

このように、同じ「美味しい大根」でも、
売りの言葉によって、印象も違い、
売り上げを大きく左右します。

良い商品を扱っている自負があるなら、
もっと表現テクニックを磨くべきです。

“食べればわかる”“買えばわかる”では、
お客さまには伝わりません。

アピールしなければ、誰も振り向いてはくれません。

商品の本当の魅力・良さは、
それに見合った言葉を工夫して、
表現しなければ、伝わらないのです。

美辞麗句を並べろ、というのではありません。
「ポジティブな表現」とでも言えばいいでしょうか。

「養殖の魚」ではなく、
「おやじさんが休みなく、丹念に育て上げた」
という表現。

「ビニールハウス栽培」ではなく、
「最適な環境づくりにこだわって育てた」など。

こうした言葉の工夫が、お客さまの固定観念を拭い去り、
興味を抱かせることにつながります。

商品が作られている背景をポジティブに捉え、
それを言葉にするのです。

天然じゃないから、露地ものじゃないから……
という、ネガティブな捉え方ではなく、
養殖だから、ハウスだからこその良さをアピールする、
ということです。

「朝採れ大根」と言ったところで、
だから何なの? 普通じゃないの?
と思われるだけです。

そこで、「サラダにすれば、果実のような甘さ……」と、
具体的に表現することで、
お客さまに伝わりやすくなります。
想像しやすくなるのです。

店主であるあなたが、自信を持ってお奨めできる、
具体的なイメージを言葉にしてください。
きっと伝わるはずです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


人気ホームページランキングへ






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック