商品を買っていただいたお客さまがお帰りになる時、
あなたはどんなご挨拶をしていますか?

「ありがとうございました。また、お越しください」
「お気をつけて、お帰りください」

とりあえず合格ですが、
せっかくの“チャンス”を逃しています。

「終わり良ければ……」という言葉があるように、
お客さまとの最後の接点を活かせるかどうかで、
ファンづくりの効果が違ってきます。

「あぁ、売れて良かったぁ」「さて、片づけなきゃ」
という思いが先に立ち、
ご挨拶を適当にしてしまう店員さんが、結構います。

ご挨拶もそこそこに、すぐに奥に引っ込んでしまったり、
口では挨拶しながらも、別のことを始めたりします。

こうしたことを、お客さまは背中で感じています。
また来たい、とは思わなくなります。

ありきたりのご挨拶だとしても、
せめてお見送りはしてください。

丁寧にお見送りするだけでも、かなり印象が違います。
大切にされているんだなぁ、と感じていただけます。

さらにそこで、ひと言“声かけ”をすることで、
「終わり良ければ……」となり、
気持ち良くお帰りいただけます。
印象度もかなり高くなります。

では、何と声かけすればいいのでしょうか。

「お帰りになられて、
 もしお気に召さないようでしたら、
 お取り替えいたしますので、
 ご遠慮なくお申しつけください」

「○○さまにお喜びいただける商品を
 取り揃えておきますので、
 ぜひ、またお越しください」

このような声かけでも、
お客さまには、「大切にされている」と
感じていただけます。

しかし、若干堅苦しい表現ですので、
もう少し砕けた言葉・内容に
した方がいいかもしれません。

「○○を使った感想を教えてくださいね」

「そのワンピースを着たところを、
 また見せてくださいね」

こうした声かけによって、
「このお店の人は、私を受け入れてくれている」と感じ、
お客さまにとって、好印象なお店となります。

ほんの少しの気配りが、次回へと繋がるのです。

そして、笑顔を忘れずに。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


人気ホームページランキングへ






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック