小さなお店にとって、不良在庫は頭の痛い問題です。

売れないから、残ったまま。
しかし、新商品を仕入れない訳にはいかない。
少しずつ少しずつ、在庫は増え続けます。

「在庫処分セール」として、
ワゴン陳列で売り捌ければ良い方で、
やはり、残り物イメージが強く、期待できません。

たとえ売れても、不良在庫のままよりはマシ、
という程度で、赤字は覚悟しなければいけません。

何か良い方法は無いでしょうか。

私は相談を受けると、
あれこれご提案した後の最終的な手段として、
「フリーマーケットで売り捌く」
ということを言っています。

私が提案している
『ゲリラマーケティング』のひとつですが、
どうしても売れないものでも、
フリーマーケットなら、売りやすくなるのです。

ただし、いくつかの制約があります。

お店のイメージを損ねかねないので、
遠くで開催されるフリーマーケット
でなければいけないこと。
お店の名前を出さないこと。

この方法なら、お店の客層とはまったく違う
お客さまに出逢えるので、
売れる可能性が高くなるのです。

ワゴンセールの“処分品”イメージも薄れ、
ほんの少しではありますが、
価格を上げることもできます。

また、フリーマーケットの良いところは、
お客さまとのコミュニケーション方法を学べることです。

日常お相手しているお客さまとは、
会話のキッカケが違います。
まず“値切り”から始まりますから。

「ねぇ、まけて!」
「じゃあ、○○円」
「もう、ちょっと」

……と、お店ではあまり体験しない会話が続きます。
それだけ接点が多くなり、
コミュニケーションも深くなるというものです。

その会話の中で、商品の優れた点を話したり、
お客さまがどんな用途で使うのかを聞き出したり、
お客さまのライフスタイルを探ったりすれば、
かなりマーケティングの勉強になります。
会話術の鍛錬にもなります。

在庫品も捌ける上、
勉強もできるフリーマーケットはお奨めです。

とは言うものの、商品がフリーマーケット向きではない、
という場合もあります。
そんな場合の売り方をひとつ、お教えしましょう。

「在庫処分セール」のワゴン販売ではなく、
「アウトレットバーゲン」を開催します。

「うちはアウトレットなんて、扱っていないよ」
という方もおられるかもしれませんが、
実はこの2つは同じなのです。

言葉のイメージからは、
「在庫処分」は残り物、
「アウトレット」はブランド品のセール、
と思いがちです。

しかし、アウトレットの本来の意味は、
ブランド・メーカーの商品の中で、
流行遅れの商品や売れ残った商品、
多少傷のついた商品などを販売する
「在庫処分店」のことを示しています。

つまり、同じことなのです。
言葉の違いだけで、
お客さまの捉え方がまったく違ってくるのです。

よって、「在庫処分」ではなく、
「アウトレット」として販売する方が
有利だということが、
おわかりいただけると思います。

価値あるものが安く売られている、
というイメージをお客さまが無意識に持つのです。

在庫に困ったら、「フリーマーケット」あるいは
「アウトレットバーゲン」を試してみてください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


人気ホームページランキングへ






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック