モノを買う時のお客さまの眼。
不景気ないま、非常に厳しくなっています。

珍しい、安い、美味しいだけでは、
なかなか買っていただけません。

しかし、そんな状況でも、
いまだ変わらずに効果が期待できる
販促手法があります。

マーケティングの常識から言うと、
もう古いかもしれません。
ところが、テレビ通販やネットショップでは、
使われ続けている手法なのです。

それだけ効果がある、という証明だと言えます。

お客さまは、この手法に弱いのです。
つい買ってしまいます。
けれど、不満が残るわけではありません。

その手法とは……

1.数が少ないということは、
 それだけ価値のあるものに違いないと思い込む
 「希少性」でアピールする。

これは、「いまだけ・限定・先着・特別」
などの言葉を用いた方法です。

2.専門家の言うことは、正しいに違いないと思う
「権威」でアピールする。

これは、「○○大学教授○○氏も推薦」や
「俳優○○も使っています」「雑誌○○にも掲載!」など。

3.多くの人が買ったものは、
 自分にとっても良さそうだ、
 欲しいと思う「帰属意識」にアピールする。

「個」の時代になっても、他人のことが気になり、
“みんなが持っているから”
という感覚は無くなりません。
これは、「○○ランキング第1位」や
「販売累計○○万個突破!」など。

売れている商品・お店は、
どこかにこうした手法を取り入れています。
お客さまの注意を喚起させるには、非常に有効です。

これだけでも、ある程度の売り上げは見込めるのですが、
もっと売るためには、さらにやるべきことがあります。

なぜ、その商品が売れているのかを
こと細かく解説することです。

生産地のこと、作り方、名前の由来、作る時期、
利用法、他社との違い、キャッチフレーズなど、
その商品が生まれた背景や価値を
熱く語ることが大切なのです。

通販番組を見ていればわかりますが、
“へぇ~”“なるほどぉ”“そうなのかぁ”と、
いちいち納得してしまうほど、細かな説明があります。

知らなければ、ただのどこにでもある商品なのに、
知ってしまうと、
他のものとは違うように見えるから不思議です。

計算し尽くされた販売手法に脱帽です。

良いと思うことは、まずマネをしてみましょう。
やらずに批判するのは、素人と同じです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック