売れていないお店に共通していることは、

・いつも同じレイアウト。
・古い商品が、いつも同じ場所にある。
・新しい商品が無い。

などです。

店内に足を踏み入れると、煤けた感じというのか、
雰囲気がモノトーンなのです。
入っただけで、買う気が失せます。

売れていないから、新商品を仕入れられなくなり、
古い商品だけで商売をしなくてはいけなくなっています。
悪循環です。

せめて、時々レイアウトを変えたり、
商品の見せ方を変えたりすれば、
入っただけで買いたくなくなることはありません。
見る気にはなります。

そんな簡単なことさえしないから、売れないのです。

なのに、
「流行のモノを大量に仕入れたら、売れると思うけど、
 そんな余裕は無いし」
と、悩んでいる店主が多くいます。

流行を追い掛けると、その時は売れるかもしれませんが、
すぐに在庫を抱えることになります。

そしてまた、流行のモノを仕入れて…、の繰り返し。

そんな不安定な商売のやり方では、将来がありません。

流行りモノの価値ではなく、
お客さまにとって本当に価値のあるモノを売らなければ、
商売を長く続けることはできません。

それは、一流品を扱うということではなく、
投資対効果、つまり、お金に見合った、
もしくはそれ以上の価値をお客さまに提供することです。

「どんな商品を扱えばいいのか、わからないよ」

いまお店に残っている商品で勝負すればいいのです。

キレイに磨き上げ、陳列や照明も工夫し、
“良さそうだ!”と思えるように演出してください。

「古い商品だから、そんなことをしても無駄だ」

もし、そう思うのなら、捨ててください。
そんな商品しか置けない
自分の不甲斐無さを恥じてください。

しかし、私は古いからダメだとは思いません。
発想の転換です。

ちゃんと陳列・演出された商品なら、
お客さまには古いか新しいかは、わかりません。
それは関係無いことです。

初めて接したモノは、すべて新商品なのです。
つまり、初めて来られたお客さまにとっては、
お店にあるモノすべてが新商品だということです。

新商品のつもりで、売り込めばいいのです。
商品の価値を決めるのは、お客さまですから。
そう思えば、気合いも入ります。

見ためは大切です。

潰れかけのお店は、このことを忘れています。

暇そうにしているくらいなら、
お店の模様替えでもしてみてください。

気分も変わるかもしれません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック