スーパーの野菜売り場には、
生産者の顔写真入りPOPが付けられていたりいます。

これは、“安心”の証しとして、
お客さまにアピールするためです。

肉売り場では、個体識別番号が書かれ、
牛の生産情報が確認できるようになっています。
いわゆる「トレーサビリティ」です。

こうした動きは、
産地偽装や毒入り食品が出回るようになってきたために、
始まったものです。

消費者としても、
“安心できる”商品を選択したいと思っているので、
素性を明らかにすることは、
非常に重要な意味を持っています。

どこから来たものなのかがわからないモノには、
手を出さなくなりました。

お店にできることは、商品の生まれた場所、作り方、
配送方法などを、できるだけ詳細に
お客さまにお伝えすることです。

見ればわかる、買えば納得する、では通用しません。

あらゆるメディアを駆使して、伝えることが必要です。

その方法のひとつとして、
ブログを活用している団体があります。

「ユーコープ事業連合」。

関東などの6生協が加盟しています。

『とれたて商品こぼれ話』と題するブログを開設して、
コープブランドの商品を使った料理レシピや
生産現場のリポートを紹介しています。

生協職員が持ちまわりで書いており、
固定ファンも多いようです。

お客さまは知りたがっています。
知って、安心したいのです。

知ると、商品への思い入れも深くなり、
買いたくなるものです。

情報を発信していなければ、
そんなファンもついていなかったはずです。

いろんな方法で、
商品のことを伝えていくことが大切なのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック