ミツカンの「金のつぶ あらっ便利!」シリーズを
ご存知ですか?

“小さな工夫”で、大きな売り上げを確保した、
納豆の大ヒット商品です。

納豆を食べる時、
少なからず“イライラ”している人が多い、
という調査結果をもとに、開発されました。

「ビニールのフィルムで、手がネバネバに汚れる」
「タレやからしの小袋を開ける時に失敗して、
 中身が飛び出す」

この2点の“イライラ”を解消するのが、この商品です。

パッケージの中を、納豆とタレのスペースに分け、
納豆にフィルムをかぶせる必要性を無くし、
タレはゼリー状にして、小袋を不要にしました。

タレは、納豆と混ぜれば溶けるようになっており、
箸でつまんで入れるだけです。

たったこれだけの工夫なのです。

「フィルムをはがして、タレの小袋を開ける」
という、ほんの小さな手間さえ、
煩わしいと思う人がたくさんいるということです。

人は、どこまで堕落してしまったのだろう、
と思わなくもないのですが、
そこに『商機』があるのです。

小さな“イライラ”を発見して、
小さな工夫で売り上げを伸ばす。

どこのメーカーも気にしなかった、
小さなことに眼をつけたミツカンの勝利です。

この2つの工夫によって、
小袋とフィルムに掛かっていた経費を
削減することもできたのです。

表向きは、「ゴミを減らして、
二酸化炭素の排出までをも減らした」と、
環境面(エコ)に配慮している企業、
というイメージアップにも貢献しています。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック