「モノポリー」というボードゲームをご存知ですか?

双六や人生ゲームのようなもので、
破産したら負け、というルールです。

このゲームに、「ご当地版」が出ています。

「こだわり秋田版」「コテコテ大阪版」

それぞれ地元の企業や観光スポットが登場して、
より思い入れが強くなるよう、構成されています。


従来からあるものを、その土地に合わせてアレンジし、
「ご当地版」とすれば、さらに売れ出すのです。

この手法を使ったものに、
「映画・ゲゲゲの鬼太郎」がありました。

全国を6つのブロックに分け、
その地方の名所や施設が
出てくるように作られています。

これは、見る側としても興味が湧きます。
自分の知っている身近な場所が、
映画に登場するのですから、
見てみたいと思ってしまいます。

また、別の地域のものも見たいと思うものです。

「ご当地版」と言えば、ハローキティもお土産品として、
全国のあちらこちらでオリジナルデザインのものがあり、
コレクターを楽しませています。

また、コンビニのおでんも、地方によって、
味や具材を変えています。

かつおだしだったり、昆布だし、あごだしなど。

このように、地方独自の文化・習慣を
商品に取り入れることは、「全国どこでも同じ」より、
人びとの興味の度合いが高くなります。

注目されやすく、買いたい欲望も強くなります。

「ご当地もの」を扱って、
お客さまの興味を惹いてみましょう。

しかし、「ご当地もの」を
ご当地で売り続けることには、限界があります。
飽きられたら、それで終わりです。

そこで、他の地域の「ご当地もの」を仕入れます。

定期的に地域を変え、
お客さまを飽きさせないのです。
つねに珍しいものを扱っているお店となりましょう。

地方には、まだまだ知られていない珍しいものが、
たくさん眠っています。

それを発掘して、お客さまを驚かせてみませんか。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック