朝の4時、5時から開店する居酒屋をご存知でしょうか。

特殊なお店のように感じますが、
実はごく普通に存在します。

しかも、かなりの数です。

朝出勤して、夕方仕事が終わる方には、
ピンとこないかもしれませんが、
世の中には、昼夜逆転の生活をしている人が
たくさんいます。

24時間稼働の工場、夜行バス、長距離トラック、
コンビニ、警備会社などの仕事をしている人は、
夜中働いて、朝帰宅し、昼間は寝ています。

そんな人たちの
“アフターファイブ”に必要なお店として、
朝早くから居酒屋を開けているのです。

覗いてみると、非常に賑わっています。

出勤する人たちが足早に歩いている傍ら、
赤い顔をして、楽しそうにお酒を飲んでいるのです。

ある種、不思議な光景にも見えます。

ごく普通の生活をしている人から見ると、
“常識はずれ”なのですが、
当人たちにとっては、とても有り難いお店なのです。

商売がウマくいっていないと思う人は、
“常識”を疑ってみましょう。

古くからのやり方に、疑問さえ持ったことが無いのでは?

パン屋とは、こういうものだ。
家具屋、呉服屋の商売は、こうあるべきだ。

そんな、業界の常識に囚われていると、
いまの厳しい状況を生き抜くことはできません。


古本屋の「ブックオフ」は、
誰もが知っていると思いますが、
いまや古本屋の代名詞となっています。

この会社も、古本屋の常識を根底から覆したことで、
成功しています。

従来は、古本屋の店主が、プロとして本を査定し、
その価値に合った価格をつけて、
価値に納得したお客さまが買いに来るのが、
“常識”でした。

しかし、ブックオフにプロはいません。

定価の1割で買い取り、5割で販売。
3ヵ月経てば、すべて100円。

「本の価値」という古本屋の常識を捨て去り、
単純な“リサイクル”の概念で、
完全なシステム化を実現しています。

その結果が、今日の成長に繋がっているのです。


業界では常識はずれであったとしても、
お客さまの目線に立って、
それが望ましいことであるなら、
商売人は、その想いを実現してあげなければいけません。

やがて、そこに新しい常識が生まれます。
同時に、新しいビジネスの誕生でもあります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック