次の売れ筋は何か?
どこに行けば、売れるモノはあるのか?

24時間365日、
そんなことを考えている仕事人がいます。

上層部からの至上命令「儲かるモノを探せ!」

そのために、日本中と、世界中を歩きまわるのが、
バイヤーと呼ばれる人たちです。

つねにアンテナを張り巡らせ、
“これだ!”というモノがあれば、
すぐに飛んで行きます。

やっと辿り着けても、
製造元や販売元との折衝に四苦八苦。

何度も足を運び、頭を下げ続ける毎日です。

契約できたとしても、売れるかどうかはわかりません。

成功は当たり前。
失敗すれば、配置転換。

バイヤーは、非常に厳しい状況に置かれています。

しかし、彼らの眼は輝いています。

お客さまをアッと言わせる快感、
行列のできる興奮を知っているからです。

それを味わうために、疲れた身体を引き摺りながら、
神経を擦り減らしながらも、頑張っているのです。


さて、店主であるあなたはどうでしょう?

四六時中、商売のことを考えていますか。
仕入れのことが、頭にありますか。
商品を探すために、歩いていますか。

サボっていても、誰も何も言いませんよね。

絶対的な売り上げ目標もありませんね。

失敗しても、怒る人はいない。

クビになることもありません。


どこかに、甘えがありませんか。
つねに追いつめられているバイヤーのような
厳しさが無いのでは?

もちろん、「お店が潰れるかもしれない」
という緊張感はあるでしょう。

しかし、そこそこ売れていると、忘れてしまうのです。

現状に流されて、将来が見えなくなってしまうのです。

そうならないためには、
「追いつめられるバイヤー」でいるべきです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック