お奨め商品のあるお店は強い。

これは、商売のセオリーですが、
お客さまは、奨められたからという理由で、
買っているのでしょうか。

ショッピングに興味の無いお客さまなら、
そういうこともあるかもしれませんが、
ほとんどの人は、
ショッピングの楽しさを知っているので、
奨められるままに買うことはありません。

ウィンドウショッピングに出たり、
雑誌やカタログを見たり、
ネットで調べたりした上で、
いろいろと見比べてみたいのです。
悩みたいのです。

悩むことが、楽しさになっているのです。


たとえば、雑誌に欲しいと思った鞄があったとします。

それを欲しいと思うまでには、
他の商品をたくさん見ています。

いろいろ見比べた結果が、欲しいと思う鞄なのです。

もし、その鞄だけの写真を見ていたら、
欲しいと思ったかどうかはわかりません。

人は、何かと比べないと、気が済まないのです。

比べた中で一番良かったモノを、
自分が欲しかったモノだと、結論づけるのです。

その先は、欲しいと思う気持ちがどんどん強くなり、
買うことを決断するのです。

他に比べるモノがあったからこそ、
選ぶ楽しさを味わい、欲しいと思えるのです。


絶対の自信がある商品だから、それだけで勝負する、
という商売は、かなり難しいと言えます。

どれだけ自信があっても、
やはりお客さまは、他と比べなければ買えません。

自店内で比べられる分には、どちらにせよ、
自店の商品が買われますが、
他店と比べられては、
まったく集客できない可能性もあります。

それは、賭けになってしまいます。


自信のある「お奨め商品」があったとしても、
“比べるための”「お奨めしない商品」も必要なのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック