「ありがとうございました」。
お客さまの帰り際には、そうご挨拶しますよね。

「また、お越しください」と、つけ加えるのも丁寧です。

しかし、もうひと言添えると、
次回の来店に繋がる可能性が高くなります。

ケーキショップなら、
「来月には、岡山の桃を使ったパイが出ますので、
 また覗いてみてください」。

旅館なら、
「紅葉の季節になりますと、
 それは見事な景色の中をお散歩できますので、
 ぜひ、お越し下さい」。

買い物をされたお客さまは、
満足した気持ちでお店を後にするのですが、
それだけでは、お客さまとお店の繋がりが、
一時的にせよ、途切れてしまいます。

またお店のことを思い出していただくまでには、
時間が掛かってしまいます。

満足された帰り際に、ひと言を添えることで、
「満足」+「次回への期待」も
一緒に持ち帰っていただくことができます。

来月になれば、新商品が出る。
秋になれば、景色が綺麗。

お客さまの脳裏に焼きつき、忘れないでいてもらえます。

すると、「また行かなくちゃ」という思いは強くなり、
願望として残ります。

口先だけの「ありがとうございました」
「また来てください」は、お客さまの心に届きません。

「当店には、まだまだこんな良いところがあるんです。
 ぜひ、体験してください」。

という気持ちをお届けしなければ、
お客さまの心には響きません。

お客さまの帰り際は、「売れて良かった」と、
ホッとする時間ではありません。

次に来ていただくための、情報提供の時間です。

お客さまの期待を膨らませる、大切な告白タイムです。

心を込めたひと言を添えてください。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック