ネットショップでは、
いまや常識となっている「お客さまの声」。
購買の意志決定においては、
重要な役割を果たしています。

ところが、実店舗ではどうでしょう?

POPに商品の特徴や売りのフレーズは書かれていますが、
「お客さまの声」は見かけません。

勉強不足なのでしょうか。
それとも、
実店舗では効果が期待できないとでも、
思っているのでしょうか。


化粧品業界のコマーシャルを思い出してください。

大手のイメージ広告以外は、
そのほとんどが「お客さまの声」で成り立っている
と言っても過言ではありません。

「あくまでご愛用者の感想です」
というテロップや説明書きをよく見かけるはずです。

商品の特徴や使用感を愛用者が感想として述べている、
という場面設定がなされています。

メーカーが発する「こんなにすごいんですよ!」
という言葉は、誰も信用しませんが、
愛用者の感想は、信じてしまうものです。


この手法を巧みに利用しているのが、
化粧品や健康食品を中心とした通販業界です。

「お客さまの声」を紹介したり、
実際に登場してもらって、感想を言ってもらうことで、
プロのセールスマン以上の売り込みに
成功しているのです。

商品の説明はほんの少し。
あとは、これでもか!というほど、
「お客さまの声」の連続です。

それだけ、
「お客さまの声」の効果が実証されているのです。


そこで、どうして実店舗では活用されていないのか、
という疑問です。

私が思うには、店舗のオーナーは、
ネットショップのオーナーほど、
熱心に勉強していないのではないか、ということ。

そんな発想自体が無いのです。

本気で勉強していれば、
ネットショップの良いところを
取り入れようとするはずです。

知らないから、やっていない。
それが原因ではないかと思います。


店頭に「お客さまの声」を貼り出したり、
DMやニューズレター、チラシに掲載したり。

活用する手立ては、いくらでもあります。

大きな効果が期待できる「お客さまの声」を
活用しない手はありません。

トップセールスマンを雇っているのと同じことですから。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック