“女性に受ける”この言葉を忘れて、
現代の市場で生き残るのはとても難しくなっています。

女性の社会参加が進むにつれて、
元来おしゃべり好きな女性は、
ますます声高に自分の意見を主張するようになりました。
そこには、とてつもないパワーがあり、
まわりを圧倒しています。

女性の言葉には、感情的な部分も多々ありますが、
あまり男性が気づかない「きめ細かさ」も持っており、
社会も納得できる主張が多いのです。

みなさんの身近なところを見ても、
女性主導であることがわかると思います。
生活日用品、食材はもちろん、家電製品、
住宅にいたるまで、
女性の意見が大きく反映されていませんか。

家族旅行の行き先はどうですか?
レストランを選ぶのは?
そして、ご主人の洋服は……。
そうなんです。
購買の決定権は、ほとんどが女性にあるのです。
このことをお店づくり・運営で忘れることはできません。

では、どうすれば“女性に受けるお店づくり”が
できるのでしょうか。
品揃え、店舗の演出、サービス、接客など、
あらゆる面で女性の心理に訴える表現が重要になります。

女性は夢を見ます。
スポットライトを浴びて、
うっとりとした気分でいる自分に恋します。
しかし、その夢は現実離れしたものではなく、
ちょっと背伸びをすれば手に入るささやかなものです。

生活の場面でも、非日常の場面でも
「夢」を見せてあげることが大切です。

そのためには、夢のある生活
すなわち個性的な生き方をする上で
役立つであろうモノ(商品)を揃え、
それらを通じて得られる生活シーンを想起させ、
さらに言えば、“秘められた自分を再発見”
させてあげるくらいの演出が必要なのです。

言い替えれば、男性に比べて
感性に優れた女性へのアプローチとしては、
理屈よりもイメージ(印象)で売ることが
大切だということです。
高品質なイメージ、良質なイメージ、お洒落なイメージ…。
もちろん、質の良い商品であることが前提ですが。

イメージで売るには、
ディスプレイや小道具などによる演出が重要になります。
つまり、『何を売る+どう売るか』が問題なのです。
優れた演出は、女性に夢のある生活シーンを想起させ、
購買意欲を喚起するのです。

ある百貨店では、
お母さんと娘さんの洋服を同じ売り場に配し、
母娘でのショッピングを狙って成功しています。
これは、「母と娘でショッピング」という
生活のワンシーンを想起させている例だと言えます。
また、母と娘でペアルックにする
ということもあるようです。
これも同じことです。

この手法を町の個人商店でも
採用してはどうかと思います。

中高年以上の女性のみを対象とした洋服店では、
極端に地味な色合いのものと、
極端に派手なものが同居していたりして、
あまりセンスが良いとは言えません。

そこで、若い女性のものを置くことで、
全体のセンスアップを図ることができ、
客層を広げることも可能ではないでしょうか。
私は、ここにお父さんの服も陳列してはどうかと思います。

ご主人の服だって奥さんが買うことが多いのなら、
男性用もその場にあれば、
「ついで買い」で売り上げを伸ばすこともできます。

そこに、センスの良いものを置いておけば、
“かっこいいご主人との休日”を
夢見てくれるかもしれません。

演出しだいで、
「夢見る女性」の心をつかむことができるのです。

購買の決定権を持つ女性をもっとよく知ることで、
あなたのお店づくりは変わってくるはずです。

女性を喜ばせる。
それは、好きな女性のために一所懸命になる
男性の心理と同じかもしれません。
つまり、お客さまとの恋愛なのです。




スポンサーサイト
テーマ:独立・開業
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック