道の駅をはじめとする産品販売所が、
全国でどのくらいあるのか、ご存知ですか。

個人営業も含めて、推計約15,000店にも上ります。

一時的な流行だと言えなくもないのですが、
消費者が「安全・安心」を求めた結果だとも言えます。

産地で直売しているので、新鮮。
卸しが入っていないので、安い。
“わざわざ感”で、レジャーとして楽しめる。

こうした理由によって、
大きな集客力を見せつけています。

しかし、右肩上がりの市場にあっても、
業績の伸びない販売所は、たくさん存在します。

その原因のひとつとしては、
余り物を処分しようとしているだけの、
意識レベルの低い農家が出品していることにあります。

質の良いモノは農協に出荷し、
出せないモノを販売所で処分しようと考えています。

見ためが悪いだけのモノなら、販売所向きですが、
傷んでいるようなモノを、
わからないように隠して売ろうとしています。

これでは、一度買ったお客さまは、
二度と買いには来ません。

また、そんな噂はすぐに広まりますから、
お客さまは減る一方です。

販売所の責任者も勉強不足で、
“しなければいけないこと”が、わかっていません。

農家を集め、勉強会を開いたり、
「安全・安心」のアピール方法を
考えなければいけません。


流行っている販売所の中には、
開店前から車の行列ができているところもあります。

そんな販売所には、
さまざまな工夫と大変な努力があるのです。

・見ためは悪くても、質の悪いモノは出さない。
・前日の残りは回収し、朝穫れの新鮮なモノだけを出す。
・生産者の名前はもちろん、
 顔写真も売り場に掲示している。
・農薬の安全性や使用回数を記載している。
・美味しい食べ方の調理法を教えている。

これらの情報を提供することで、
「安全・安心」な品物であることをアピールしています。

つまり、美味しさの“証拠”を見せているのです。

ただ「美味しい」と書いただけでは、誰も信用しません。

その裏に隠れている、
さまざまな情報を教えることによって、
本当に良い品物であることを証明しているのです。

悪質な商売が横行しているいま、
本物である証拠を見せなければ、
お客さまは信用してくれません。

お客さまにお奨めするには、理由があるはずです。

なぜ、お奨めするのか。
その証拠を見せてください。

証拠の無いモノは、お奨めしてはいけません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック