景気が悪くて、モノが売れない。
販促に注力するも効果無し。

すると、次に考えるのは、経費削減。

片っ端からお金の掛からない方法を考え、
“無駄”を削ぎ落としていきます。

この作業をしていけば、
ある程度の経費削減は達成できます。

しかし、それは数字上のことだけで、
削ってはいけないものも含まれています。

つまり、本当は“無駄”ではないものまで、
削ってしまっているのです。

売り上げが落ちると、不安になり、
冷静に判断できない状態になっているのです。

お客さまに好評だったサービスをやめてしまったり、
商品の質を落としてしまったり。

数字ばかりに囚われ、
もっとも大切なことを忘れてしまいます。

というより、無意識に忘れたいと
思っているのかもしれません。

“食べていけない状況”にまで至っていないのなら、
売り上げが落ちているいまは、
「ダイエット期間」だと考えてみてください。

余分な脂肪を落として、スリムな経営を目指すのです。

ダイエットと言うと、
体重を減らすことだと思いがちですが、
それだけではありません。

体重が減っているのを、
売り上げが落ちていることと置き換えると、
単に体重を減らしただけでは、
げっそりとした顔とたるんだ皮が残り、
みすぼらしいお店になってしまいます。

ここで必要なのは、運動です。

脂肪を落としながらも、
筋力トレーニングをしなければいけません。

これをしなければ、
引き締まった美しいお店にはなれません。


筋力トレーニングとは、ずばり「サービスの向上」です。

不況でお客さまが減っている、いまだからこそ、
ひとりひとりへのサービスに時間を費やすことができ、
より密な関係が築けるのです。

お客さまとの深い関係づくりは、
お店の筋肉そのものです。

筋肉が身体を支え、
軽快な動きには無くてはならないものなのです。

食べてばかりで動きもせず、
口先だけで「ダイエットしなくちゃ」と言っている、
肥満のお店は、いまに食べるものさえ無くなって、
消えていくしかありません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック