北海道小樽の洋菓子舗「ルタオ」の
『ドゥーブルフロマージュ』。

クリームチーズとレアチーズを重ねた、
まろやかで、コクのあるチーズケーキで、
私がこれまで食べた中では、
一番美味しいと思っている逸品です。

北海道に行かなければ食べられない時代に、
「ぜひ、食べたい」と思ったものの、
その機会には恵まれませんでした。

百貨店の物産展に出店し始めた頃に、
願いが叶ったのですが、その美味しさにとても感動し、
以来、同じ物産展に足を運ぶようになりました。

ところが、しばらくして通販で買えるようになると、
少し興味が薄れてしまったのです。

「いつでも好きな時に手に入る」という嬉しさの反面、
「あれが食べたい」という、熱い想いが無くなりました。

「なかなか手に入らないから、欲しくなる」
という心理が働いていたのです。

「欲しい時に食べられない」ということが、
私にとっては、「ドゥーブルフロマージュ」の
価値の一部だったのです。

その価値が無くなると、その美味しささえも
3分の2程度に落ちてしまった感があります。

そしてまた、最近はテレビコマーシャルまで、
打つようになりました。

「あぁ~やってしまったなぁ~」という思いです。

私の中の最高峰チーズケーキは、
雪崩のごとく、崩れ落ちてしまいました。

いつでも手に入るものに、興味は湧きません。
価値を見出せません。

希少性こそが、この商品の価値だったのです。

まだしばらくは売れるでしょうが、先は見えています。

注文が増えれば、
大量生産の体制を整えなければいけません。
システム化を図り、やがて手づくりをやめて、
味が落ちていきます。

希少性が無くなった上に、味も落ちれば、
お客さまは離れてしまいます。

こんな論理は、誰もがわかっているはずなのです。
しかし、目先の儲けに欲を出して、失敗します。

やがて、「赤福」や「白い恋人」のような
問題を起こすことになります。


細々とながらも、多くのファンを持ち、
愛され続けることこそ、
商売人の喜びではないのでしょうか。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック