10分100円のコインパーキング。
15分1000円の足ツボマッサージ。
時間制パソコンスクール。

時間を短くしたり、サービスを限定して、
利用しやすい料金で人を集めている、
会社・お店があります。

お客さまの側からすれば、
気軽に利用できるので、助かります。

フルサービスになると、お金が掛かる上、
時間的制約を受ける場合もあり、
利用を躊躇してしまいます。

社会情勢の厳しいいまだからこそ、
これらの会社・お店は成長してきたのです。

商品・サービスを“小さな単位”で提供することは、
時代の流れに即した、ビジネスのカタチです。

しかし、こうした商品・サービスは、
昔から存在しています。

魚は切り身でお店に並んでいますし、
肉はグラム売りです。

当たり前過ぎて、気づかないかもしれませんが、
“小さな単位”売りの始まりなのです。

この発想をもっとさまざまな業界が取り入れれば、
いままで手を出せなかったお客さまが、
試してみようかとなるのです。


自動車のリース・レンタルやカーシェアリングなども、
“小さな単位”の切り売りだと言えます。

所有することによるリスクを避けられるので、
どんどん広がってきています。


最近増えてきている、
「0泊2食」のホテル・旅館も同じです。

宿泊する時間や費用を節約したいお客さまに、
お部屋の利用と昼・夕食、温泉だけを
提供するようにしたサービスです。


陰りが見え始めた高級料亭が、
もっと一般の人にも利用してもらいたいと、
廉価版のお店を出したりしています。

これも、ひとつの切り売りです。

高級食材と確かな技術、
お店の高級感を味わうのが料亭なら、
廉価版では、食材を代え、入りやすいお店にすることで、
コストを抑え、“確かな技術”だけをそのまま残して、
お客さまに提供しているのです。

その技術を味わった人が、
料亭にも足を運んでくれるかもしれない、
という戦略です。


今後、経済が急成長することはあり得ませんので、
こうした商品・サービスは、もっと増えてくるはずです。

あなたの会社・お店の商品・サービスを
見直してみてください。
切り売りした方が、売りやすいかもしれません。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック