近くに大型量販店が出店する。
有名なチェーン店がやって来る。
若くて威勢の良い同業者がお店をオープンさせる。

その時、あなたは……。

お店が潰れる恐怖を感じながらも、
打つ手が思いつかず、オロオロするばかり。

あるいは、
「うちはお客さまに信頼されているから、大丈夫!」
と、どっしりと構えている。

どちらも行く先は同じです。

「閉店」。

信頼されていると確信しているお店の方が、
多少寿命は長いかもしれませんが、
結局は同じ結末なのです。

何もしなければ、それで終わりです。

常連さんを多く持ち、
昔から変わらぬ商売を続けているように見える老舗でも、
その時代ごとに進化し続けているのです。

どっしり構えて、何もしていないわけではありません。


いま商売がウマくいっていたとしても、
先のことはわかりません。

明日のことさえ、確信がありません。

だとすると、そのための“備え”が必要となります。

突然どんな状況に陥ろうとも、
慌てずに対処できる、
策・余裕・自信を持っていなければいけません。


その“備え”のひとつとして、
『キャッシュポイントを増やす』があります。

キャッシュポイントとは、
「お金が入って来る窓口」のことです。

お店で商品を売って、お金をいただくことも、
ひとつのキャッシュポイント。
つまり、収入源です。

この収入源をいくつか持っておくことで、
ひとつの収入源が危なくなった時に、
別の収入源で補うようにするのです。

お店が潰れるリスクを回避するための手段です。


ここで間違えやすいのは、
自店の業界が危なくなった場合を考え、
まったく別の業種に
キャッシュポイントを求めてしまうことです。

素人である別業種にいきなり進出しても、
ウマくいくことはありません。

現在の商売の中で、事業のカタチをいくつか作るのです。
展開方法を変える、ということです。

モノを売る商売なら、ネット通販や移動販売。
企業との提携なども考えられます。


店頭販売だけに頼らず、別の販売ルートを持っていれば、
お店にお客さまが来なくても、経営は成り立つのです。

そして、いくつかのキャッシュポイントの中で、
伸びてきたものに力を注げば、
さらなる成功へと繋がるのです。


競合の出店にビクビクせず、
余裕のある商売を続けていくことができる。

理想ではありませんか。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング






スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック