分相応というと、“夢を見るな。いまの自分で満足しろ”
というようなイメージで捉えがちですが、
そうではありません。

商売をする上では、
自分の置かれた状況・条件の中で、
いかに一等賞を獲るか、
ということを考えるのが“分相応”の
本当の意味だと私は考えています。

高望みをするな、ではなく、
自分らしいスタイルを守れ、ということです。

大衆食堂が、高級料亭のような味を出したい、
と考えることに、どれほどの意味があるでしょうか。

もし、京風懐石のような味が作れるようになったとして、
はたして、お客さまは喜ぶでしょうか。
いいえ、かえって客離れを起こしてしまいます。

大衆食堂に来るお客さまは、
そんな味を求めてはいません。
油っぽい揚げ物が好きなのかもしれません。
やたら濃い煮物を気に入っているのかもしれません。
味のハッキリしたおかずで、
大盛りごはんをガツガツ食べたいのかも。

そんなお客さまに、上品というのか、薄いというのか、
素材の味を生かした、
などという料亭の味が好まれるわけがありません。

ここが、大きなポイントです。
あなたのお客さまが好む味が、
“美味しい”料理なのです。
決して、料亭の味が美味しいわけではありません。

他の業種でも同じです。
あなたのお店のお客さまが求めているものこそ、
あなたのお店で扱うべき商品なのです。

流行っているお店、高級そうなお店をマネしても、
何の意味もないのです。

これが、分相応ということです。
言葉はあまり好きではありませんが、
商売ではとても大切なことです。


■FC2 ブログ★ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。






スポンサーサイト
テーマ:独立・開業
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック