開店○周年記念セール、クリスマスバーゲン、
歳末大感謝祭……。

このような、ありきたりなイベントは、
お客さまも慣れてしまい、
あまり集客効果がありません。

余程の特典が無い限り、足を運んでくれません。

また、こうしたイベントの欠点は、
“その場限り”だということ。

お客さまの目的は、
「安いモノがあるかも」「面白いモノが買えるかも」。

お店側の目的は、
「まとまった集客で、まとまったお金が入る」。

こんな目的では、いつまで経ってもお店は繁盛しません。

そこに、お店とお客さまの
“繋がり”がまったく無いからです。

特に小さなお店は、人との繋がりを築かなければ、
ご愛顧いただくことは不可能です。

イベントを実施するにしても、
お客さまとの“繋がりづくり”を前提にした、
アイデア出しが大切なのです。

商品とお金の等価交換だけしていては、
その場には何も生まれません。
笑顔も、温かさも、和みもありません。

お金をいただいて、終わり。
これでは、お客さまがまた来たいとは思いません。

「このお店が好きだ」「あの女将さんにまた会いたい」
と思ってもらえるような“何か”が必要なのです。

そのためには、もっとお客さまと接触できる機会を
増やさなければいけません。

世間話をする時間、家族のことを話す時間、
一緒に悩む時間、一緒に笑う時間。

できるだけ多くの時間をお客さまと過ごすことで、
より密な繋がりを築くことができます。


そんな機会を増やす方法をひとつお教えしましょう。

『佐藤きよあき 様 感謝セール』。

たったひとりのお客さまのための
イベントを実施するのです。

その日、その時間は、
ひとりのお客さまだけを特別扱いするのです。
超VIP待遇です。

お客さまの誕生日など、
特別な日に合わせて招待状を送り、
店頭にはセールタイトルを掲げ、お迎えします。

お茶とお菓子を用意したり、
その方の好みがわかっているなら、
特別な商品を特別な価格で提供したります。

たったひとりのお客さまをおもてなしすることは、
大勢のお客さまを相手にするより、難しいものです。

飽きさせないよう、
“間”を持たせる必要があるからです。

これは、接客の訓練にもなります。

ひとりのお客さまを
丁寧におもてなしできるようになれば、
1対1の繋がりも強くなり、
大勢のお客さまとも繋がっていくことができます。


1年で、365人のセール。
時間を分割すれば、
2倍3倍のお客さまの個人セールが実施できます。

そのすべてのお客さまが、VIP待遇を味わうことになり、
「好きなお店」と言ってもらえる可能性も高くなります。

ひとりひとりのお客さまを大切にする、
究極のアイデアです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック