私はよく、
「他に無い商品・サービスを提供しましょう」
と言っています。

それは、新しいモノを作り出せ、という意味ではなく、
手に入りにくい希少品、特殊な商品、
そして、他とは違う売り方のことを言っています。

変わった商品を仕入れるのは難しいというなら、
せめて、“売り方”を変えてみましょう。

オリジナリティの無い商品であっても、
テーマを決めて集めたり、見せ方を工夫したり、
アピールする表現を変えたりすることで、
新しい価値を創造することができます。

これを「編集力」と言います。

まず、どんなお客さまに、どんなテーマで、
どんな商品を、どんな売り方で、
提供するのかをハッキリ決めた上で、
目新しいアピールの仕方で売り込むのです。

家電量販店が、新社会人・学生をターゲットに、
新生活に必要な製品をセットにして
販売しているのも「編集」です。

他メーカーの組み合わせながら、
色を統一して製造しているシリーズもあります。

百貨店では、母と娘のつながりの深さに眼をつけ、
ファッション部門において、
母娘のペア商品を販売しています。

ブランド品の服などでは、
若いお母さんと子どものペアルックもあります。

もっと身近な例で言うと、スーパーの野菜売り場に、
「鍋の素」や「ポン酢」を並べ、
「ついで買い」をさせるようにしています。

このような「編集」した売り方を、
あなたのお店でも考えてみましょう。

・母と娘(子ども)のペアヘアーを提案する美容室。
・同じ敷地内に、同じデザインで、
 大小の二世帯住宅を建てる建築会社。
・同じ料理で、量の多少を変えて、
 お年寄りや子どもに提供する旅館。
・一人分、一回分野菜を切り売りする八百屋。
・どんな銘柄でも、1kg・2kgで販売する米屋。

まだまだ、“あったらいいのに”
という需要は見つけられそうです。

そんな「編集力」を身につけてください。


■FC2 ブログ★ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。






スポンサーサイト
テーマ:独立・開業
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック