安い素材と安い人件費で、安い製品を続々と生み出す中国。
日本は、その多くを輸入しています。

私たちの生活は、
中国無くしては成り立たないとも言えます。

中国のおかげで、
私たち庶民は生き抜くことができているのです。

しかし、日本の経済活動の面から見た場合、
中国からの大量輸入は好ましいものではありません。

「国産」が売れにくくなるからです。

良い素材を使い、優れた技術で作られた高品質のモノは、
どうしても価格が高くなります。

不況のいまは、価格中心の選択をしてしまいがちです。

これは仕方の無いことで、大手企業の価格競争は、
まだまだ続くものと予想されます。

ここに、中小企業・個人商店が
入り込む余地はありません。

厳しい状況が続いたまま、やがて潰れてしまいます。

しかし、不況の中でも、
右肩上がりの会社・商店は存在します。

安いわけでもないのに、売れ続けているのです。

その秘密は、どこにあるのでしょう。


商品に対する『こだわり』です。

素材にこだわり、作り方にこだわった商品を
高く売っているから、右肩上がりになるのです。

“高く売る”と言うと、
悪どい商売のように聞こえますが、
それだけ高い付加価値を持っているので、
お客さまは納得して買ってくれるのです。


高く売るためには、さまざまな工夫も必要です。

また、優れた商品には、それなりの売り方があります。

お店の内・外装、ディスプレイ、
ラッピング、接客なども、
商品の価値に見合ったものにしなければいけません。


ターゲットの見直しも必要になります。

選択基準が「安いかどうか」というお客さまと、
「高くても良いモノを」というお客さまでは、
その対応がまったく違ってきます。


商売をすべて見直す必要があります。

難しい課題かもしれませんが、これをやらなければ、
中国にお店を潰されてしまいます。


「中国で作れないモノを売る」。

これからの日本の商売は、そうあるべきです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック