商品を知らずして、
お客さまにお奨めすることはできません。

良いところ・悪いところを熟知した上でお奨めするから、
説得力があるのです。

売らんかな精神で適当に売り込んでいては、
すぐにお客さまは来なくなってしまいます。

そんなことは、お店の主ならわかりきったことですよね。

しかし、店主自身は心得ているつもりでも、
お店の従業員はどうでしょう。

商品のことをよく理解しているでしょうか。
キッチリ教えているでしょうか。

店主の夢や姿勢を話すことも重要ですが、
商品そのものの良さを教えていなければ、
お客さまにお奨めする術がわかりません。

また、口先だけで教えても、
本物の説得力には繋がりません。

商品そのものを“体験”することが大切です。

実際に使う、食べる、利用する。

そうしなければ、商品の本当の良さは理解できません。

知らない商品をお客さまにお奨めするのは、
失礼なことです。

食べてもいないモノを
「これ美味しいから、食べてみて!」
と、お友だちに奨めることはありませんよね。

自身の信用問題にもなりますから。


従業員には、
できる限り商品を体験させてあげてください。

体験することで、商品に対する愛着も湧き、
お奨めする言葉が変わってくるのです。

もっとも変わるものは、
モノを売る人間としての意識です。

商品の良いところをお客さまに伝えたくなるのです。

すなわち、お客さまにぜひ買ってもらいたい、
と強く思うようになるのです。

商品のことを知らなければ、
与えられた仕事をこなすだけになりますが、
商品の良さを知ると、
積極的に売りたくなってくるのです。

この意識こそ、「プロ」にしか無いものです。

商品を体験することで、プロが育っていくのです。


「うちの従業員はやる気が無い」と嘆いている、あなた。
それは、すべてあなたの責任です。

お金を惜しんで、体験させていないのが原因です。

従業員への投資は、大きな成果をもたらします。

あなたがいなくても、
お店を繁盛させることができるようになるのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック