『巣ごもり消費』という言葉は
聞いたことがあると思いますが、
いま世間の人びとは、あまり外出しなくなっています。

自分たちが一番落ち着ける空間で、
ゆったりまったりすることを好む傾向にあります。

これにより、
ネット通販・宅配サービスが急成長しています。

ファッションもインテリアも食べ物も、
通販・宅配を利用しています。

少し前なら、
“忙しいから仕方無く”“便利だから”
という理由での利用が多かったのですが、
いまは、積極的に楽しむような利用の仕方をしています。

通販・宅配のレベルが向上している上、
選択肢も広がり、何でも欲しいモノが揃うからです。

わざわざ出掛ける時間を惜しんでいるのです。

わざわざ出掛ける価値を見出しているのは、
遊び目的の外出や新しいお店ができた時ぐらいです。

ネット・宅配で手に入るモノなら、
外出せずにそちらを利用します。

こうなると、“普通のモノ”を
売っているお店は、当然苦戦します。

そこで、私がいつも言っている
「お客さまが来ないなら、売りに行け!」が、
重要になってきます。

お客さまをお店に集めるより、
売りに行く方が簡単なのです。

お客さまが来ない理由として、
お店に行く手間や時間を惜しんでいる場合が多いのです。

ならば、こちらから売りに行けば、
買ってもらえる可能性は高いはずです。


宅配で生き残っているお店はたくさんあります。

老人ホームや要介護者のいるお宅に出張する美容室。

老人ホームや集会所で販売する洋装店。

JAや公民館の駐車場に出店する眼鏡・補聴器の出張販売。

最近では、話題になっている有名料理店の料理を
宅配代行する会社も現れています。

お客さまから注文を受けた代行会社が
お店に出向き、料理を購入し、
お客さまに届けるシステムとなっています。

配達サービス料として、
合計金額の15%をお客さまからもらっています。

私個人としては、気に入ったお店なら、
そこへ出向いて食べたいと思いますが、
そうは思わない人も多いということです。

また、小さな子どもがいたり、
外出できない人が家族にいるなど、
制約のある人の利用が多いのだと思います。


これだけ宅配を望む人が多いのですから、
サービスとして考えないわけにはいきません。

特に集客で悩んでいるのなら、
積極的に考えるべき課題だと思います。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック