個人商店が大手に勝つには、
商品を特化するか、大手が扱いにくい商品を揃えるか、
の選択が必要となります。

他にも方策はありますが、
比較的取り組みやすいのがこの2つです。

商品の特化については、何度も書いていますので割愛し、
「大手が扱いにくい商品」について、考えてみます。


大手が扱わないのには、分かりやすい理由があります。

マーケットが小さいから、大きな利益が見込めない。
この一点です。

たくさん売らなければ儲からない、と考えているのです。

「だったら、個人商店で扱っても儲からないじゃないか」
と思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。

大手が動き出すには、それなりの体力を使いますし、
投資が必要となります。

その割に儲けが少ない、という判断のもとに、
手を出さない商品があるのです。

ところが、個人商店が動き出すには、
店主ひとりの体力だけで済みますし、
大量に仕入れることも必要無く、投資も少なくなります。

商店1軒分の儲けを出せばいいだけなので、
小さなマーケットでも商売は成り立つのです。

大手に無い商品ならば、
逆に売りやすいとも考えられます。


・住宅のリフォームだけを行う工務店。

・投資用の小さなアパートのみを販売する建設会社。

・高齢者専門のスーパーマーケット。

・「障害者向け旅行」のみを扱う旅行代理店。


これらは、「特化」とも言える実際の成功例ですが、
「大手が扱いにくい商品・サービス」でもあります。


個人商店が儲けるには充分なマーケット規模でも、
大手にとっては小さ過ぎるため、手を出さないのです。

ここが狙い目です。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック