確実に売れるとわかっている商品を
扱うことができるなら、
こんなに楽な商店経営はありません。

わからないから苦労し、悩むのですよね。

しかし、少しの努力でわかるようになる、
と言ったら信じますか。

実に単純な方法です。


『お客さまに聞く』。


「わからないことは、お客さまに聞けば良い」
と書いたことがありますが、
「どんな商品が欲しいですか?」と、
ストレートに聞くのではなく、困りごと、悩みごと、
欲しいモノのイメージを聞き出すのです。

ストレートに聞いてしまうと、
お客さまは「あれを置いて欲しい」
「これを仕入れて欲しい」と、
既存の商品を持ち出します。

それをそのまま仕入れると、
お店のコンセプトに合わない場合があったり、
単に流行を追っただけとなったりします。

お客さまが既存の商品を言っているのは、
100%好みに合っているからではなく、
知っているモノの中では、
持っているイメージに近いから、
“それが良い”と思い込んでいるだけです。

もっと深く探り出せば、
本当は違うモノなのかもしれません。

これを見つけることが重要なのです。

そのために、お客さまが抱えている困りごと、悩みごと、
欲しいモノのイメージを
詳しく聞き出すことが必要なのです。

お客さまとの密な関係づくりも大切になります。

普段からコミュニケーションを図り、お客さまから
相談相手だと思われる関係となっているのが理想です。


本当に欲しいモノがわかっていれば、
売ることは簡単です。

確実に売れるので、経営も安定します。

欲しい人に、欲しいモノを売る。

単純明快。商売の基本。
忘れていたのではありませんか?


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック