商品・サービスには自信があるのに、集客できない。
広告を売っても、反応が無い。

アピールの仕方を間違っているのかもしれませんが、
立地の問題の方が大きい可能性があります。

つまり、まわりにお客さまがいないのです。
見込み客となり得る客層が少ないのです。

その可能性は店主も考えているでしょうが、
そこで間違いを冒してしまいます。

もっと広い範囲に広告を打てば、
どこかにお客さまがいるかもしれない
と思ってしまいます。

いないとは言い切れませんが、わざわざ遠くから
足を運んでくれるお客さまの数は微々たるもの。

広告の費用対効果を考えると、
無駄な時間と手間とお金を遣っていることになります。

では、どうすればいいのか。

商品・サービスに問題があるのなら、
それを変えることを考えなければいけませんが、
品質には自信があるというのなら、
売り方を変えるしかありません。


足を運んでもらうことができないのなら、
売りに行く方法があります。
それもひとつの手です。

しかし、物理的な限界があります。

個人商店がまわれる地域はそれほど広くありませんし、
店主ひとりで営業しているお店では、
お店を閉めなければいけません。

それが不可能であるなら、
「インターネット通販」を始めるべきです。

すべての問題が解決されます。

・商圏は日本全国。
・店員は不要。
・時間の拘束も短い。
・広告費がほぼ0円。
・お客さまの声も集めやすい。

ここまで好条件が揃っていると、
“やらない理由”が見つかりません。

それでも、やっていないお店はたくさんあります。
困っているのにやろうとしない。

その理由を聞くと、
「ネットで売れるような商品ではない」
「やり方がわからない」。

バカか! と言いたくなります。

ネットの世界で売れないものは無い、
と言ってもいいでしょう。

壊れたテレビやおもちゃだって、買い手はいるものです。
売れるかどうかは、やってみなければわかりません。

やる前から、“売れない”とわかるような人なら、
実店舗で成功しているはずです。

また、「やり方がわからない」と言うなら、
勉強すればいいだけです。

やろうとせずに、すぐ“わからない”
と言う人がたくさんいます。
私の大嫌いな人種です。

“もう辞めてしまえ!” と言いたくなります。


ネット通販の可能性は無限大。

ただし、そこでもかなりの努力が必要となります。
しかし、その努力は必ず報われます。

集客に悩んでいたことがウソのように、
毎日大勢のお客さまが、“来店”してくれます。

それでも、あなたはやりませんか?


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック