よく笑って、明るく、愛想の良い看板娘がいるお店には、
お客さまがたくさん集まって来ます。

これは、商品力でも営業力でもありませんが、
非常に強いお店の“力”です。

このお店の“アイドル”を目当てに、
お客さまは足を運んでしまうのです。

若くて可愛い女の娘だけがアイドルではありません。

「口は悪いが、ゲラゲラ笑うおばちゃん」
「小さな身体で元気に動くおばあちゃん」
「くだらないダジャレを嬉しそうに言うおじさん」
「おばさまに愛想の良いイケメン」

………人気のある店主・店員は、みんなアイドルです。

お店は、アイドルになれそうな人を
探さなければいけません。
または、自身がアイドルになること。

モノが溢れ、どこへ行っても
同じようなモノばかり売っているいま、
付加価値が無ければ、
お店のファンになってもらえません。

その価値のひとつが、“人”なのです。
もっとも高い価値を持っていると言っても良いでしょう。

「馴染みのお店」がある人も多いでしょうが、
お気に入りの商品があるというだけでは行きませんよね。

結局は、人と人との繋がりがあるからこそ、
通っているはずです。

いま世の中は、“繋がり”を求めています。

アキバ系男子のアイドルが、AKB48なら、
おじさんのアイドルは、割烹着の女将さんなのです。

しばし、癒しを……。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


ブログランキング








スポンサーサイト
テーマ:起業・独立への道
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック